2014年12月4日木曜日

IPPNWドイツ支部の記事。 ドイツ連邦議会の化学者達の調査局は、国連科学委員会(UNSCEAR)の福島第1原発事故の報告書は真実でないと報告した。 (UN-Atomorganisation leugnet Wahrheit über Fukushima) http://www.ippnw.de/startseite/artikel/e8ee7f0f2dc41258e481d137e15cf7d8/un-atomorganisation-leugnet-wahrheit.html ドイツ連邦議会の化学者達の調査局は、国連科学委員会(UNSCEAR)の福島第1原発事故の報告書は真実でないと報告した。 ドイツ連邦議会の化学者達の調査局は、国連科学委員会(UNSCEAR)が福島第1原発事故で放射腺による健康の影響はないと報告書に対し国際医師団体IPPNWドイツ支部が批判した同じ意見であると報告した。 ドイツ連邦議会の化学者達の調査局はIPPNWの報告書で重要な点は、国連科学委員会(UNSCEAR)は核保有国を選択し、福島第1原発事故の1部のデータ(放射線による健康影響や放射腺量)を秘密にして、東京電力も福島第1原発事故について嘘をついていると報告した。 福島第1原発事故で原子炉が破壊され現在も放射性物質が継続して放出してる状態である。 ドイツ連邦議会の化学者達の調査局の報告書で、福島の被災地の子供達の甲状腺検査で発見した甲状腺異常が予想外に高い数を示していると報告した。ドイツ連邦議会の化学者達の調査局は福島の被災地の子供達の甲状腺のデータを集め、放射腺による健康被害の危険性(リスク)を知るために長期的な調査が必要であると報告している。 10月末に9カ国の40以上の非政府団体NGOが国連科学委員会(UNSCEAR)の福島第1原発事故の報告書に対しIPPNWの批判を基に国連科学委員会(UNSCEAR)の報告書を訂正する事を要求した。 福島第1原発事故の放射線による健康影響について、日本の原子力産業が影響しない中立な科学者達が調査をおこなう事を要求した又、重要な役割を遂行する為に国連科学委員会(UNSCEAR)の改革を求めた。 現在も将来も福島第1原発事故の放射腺で健康の影響がないと国連科学委員会(UNSCEAR)は報告したがUNSCEARの信頼性を失い常識で理解できない事であるとドイツ連邦議会の化学者達の調査局は報告している。 ドイツ連邦議会の化学者達の調査局は国連科学委員会(UNSCEAR)は日本政府と日本の原子力産業の利益の為に福島第1原発事故の報告書をだした。 福島の人達に福島第1原発事故で放射線の健康影響が無いと報告して日本政府の外務省から7100万円受け取ったと報告している。 IPPNWドイツ支部のメンバーAlex Rosen博士は福島の被災者達は、国連科学委員会(UNSCEAR)の偽りの報告で助ける事はできないと述べた。 日本政府と東電は福島の被災者達に福島第1原発事故で放射腺の健康被害について真実の情報を与えて医療支援をおこない健康的な環境で生活できる様にする事が重要であり、福島の被災者達の人権である、日本の原子力産業と日本政府の政治の利益の為に国連科学委員会(UNSCEAR)は真実でない報告書を出したと批判している。 (EMI.KIYOMIZU訳)

2014年11月14日金曜日

IPPNWドイツ支部。(2014年11月の記事) チェルノブイル原発事故と福島第1原発事故の放射腺の影響で野生動物に健康被害が出た。 チェルノブイル原発事故と福島第1原発事故で大量な放射腺量が放出した影響で人間も放射腺による健康の影響が出た。野生動物や家畜にも放射線の影響がでている。 http://www.fukushima-disaster.de/fileadmin/user_upload/pdf/deutsch/Auswirkungen_von_Tschernobyl_und_Fukushima_auf_die_Tierwelt.pdf (Auswirkungen von Tschernobyl und Fukushima auf die Tierwelt) IPPNWドイツ支部。(2014年11月の記事) チェルノブイル原発事故と福島第1原発事故の放射腺の影響で野生動物に健康被害が出た。 チェルノブイル原発事故と福島第1原発事故で大量な放射腺量が放出した影響で人間も放射腺による健康の影響が出た。野生動物や家畜にも放射線の影響がでている。 比較的低い放射線量でも、動物達は放射腺の影響で死亡している。 特定な哺乳動物を観察した結果人間にも同じ影響が出る事が証明された。 哺乳動物は放射腺に最も敏感である。放射線の影響で、すべての哺乳動物達が同じ様に体温が上昇しており、体の組織のDNAも異変し破壊している。 致死量は動物達の種類によって異なる。 動物達の種類によって放射腺の敏感性も違うので健康被害は異なる。 動物達の年齢によっても健康被害は異なる。 哺乳動物は放射腺に最も敏感である。無脊椎の動物は放射腺で受ける影響は低い。哺乳類の動物に出た放射線による健康被害は人間にも同じ様に健康被害が出ると言う事である。1986年のチェルノブイル原発事故直後の8月と9月に、犬や庭鶏に放射線による病気の症状が出た。 犬や庭鶏は体重が低下し、脂肪も低下して、リンパ線も腫れ、肝臓、脾臓、腸壁から出血が見られた。鳥の巣にある卵にも放射線による症状が現れている。 (高放射線量で汚染した地域のマウスの死亡) 1986年に高放射線量で汚染した地域のマウスを調査した結果は2倍から10倍のマウスが減少していた。 マウス達は、1987年に低汚染した地域から、高放射線量で汚染した地域に移動しマウス達の数は再び増加している。 1986年と1987年に、高放射線量で汚染した地域のマウス達は低汚染した地域のマウスと比較して、マウスの子宮内の胚が放射腺の影響で損傷して、死亡率が2倍から3倍に増加している。 ベラルーシの5つの地域のマウスは骨髄細胞の染色体が異常になっている事が発見された。 森林で生存しているネズミに骨髄細胞の染色体異常が発見された。 放射腺は2年から3年で半減されるが、1986から1996迄のマウス達は、骨髄細胞の染色体異常は、約22世代にわたり継続している。 (放射腺で深刻な被害を受けた牛) 牛のほとんどが避難していたが、数百頭の牛は高放射線量で汚染された地域に2ヶ月から3ヶ月間も残っていた。 1986年の秋には、放射腺の影響で多くの牛が、免疫が低下して体温も低下し、心臓の血管が破れ既に死亡していた。 又、牛は劇的に血液中の甲状腺ホルモンが低下して、甲状腺機能が低下している。甲状腺が放射線により損傷した事が示された。 ウクライナで甲状腺組織のない牛が発見された。同じ様な事がヘ゛ラル-シの牛からも発見されている。 1989年迄に甲状腺機能の低下で、少数の子牛しか生まれていない。これらの子牛は体重も低下して、体重の増加も少ないので、体も非常に小さい。 チェルノブイル原発事故後の1年半に、ベラルーシのRajon Choiniki地域で2000頭以上の羊と300頭の馬は慢性的な放射腺障害が現れた。特に羊は健康状態が悪化した。 羊は、呼吸系の障害も起こり、体温も低下し、血糖値も上昇し、甲状腺ホルモンも減少し、血液中の赤血球数は減少し、白血球数は減少した。 放射腺の影響を受けた親から生まれた子羊は、体重も 軽量である。 馬は健康状態も悪化した。体に浮腫が起こり、血液中の白血球数と血小板の数が減少し、70%の馬は甲状腺ホルモンも極めて少ない状態であった。 2012年4月に福島市の森林地域に生息する野生日本猿の血液検査おこない、赤血球数と白血球数とヘモク゛ロヒ゛ンが非常に減少していることを発見した。 福島の野生日本猿の筋肉中のセシウム濃度は78ベクレル/kgから1778ベクレル/kg検出したが福島第1原発から400km離れた 青森県の下北半島に生息する猿の検査で下北半島の猿の筋肉中のセシウムは検出してない。 野生猿の筋肉中のセシウム量が高いと、赤血球数が減少する、放射腺(セシウム)に直説関係している。福島の猿の血液に変化がでた事は、福島第1原発の放射腺物質で被曝した事が原因である。哺乳類で無い動物も放射線の影響で遺伝子に損傷した事が、多くの研究で明確にされた。 日本では、鳥や蝶や蝉等を福島原発事故の放射線で汚染された地域で調査した結果、蝶は、汚染した花を食べるので体と翼が非常に小さく、死亡率も増加した事が 福島の研究で確認された。 蝶は後の1世代に体と翼が非常に小さい事が高い率で示された。遺伝子の損傷も後の世代に続く事が示された。 同じ様に、チェルノブイル原発事故で放射腺の影響を受けた鳥達も遺伝子の損傷が後の世代に続き死亡率が増加した事が研究で明確にされた。 (結論)全ての野生動物は放射線の影響を酷く受けて健康被害が劇的に現れた。 チェルノブイル原発事故と福島第1原発事故の放射腺の影響で野性動物は深刻な重病が出て死亡した。 特に哺乳動物は放射腺の影響で、甲状腺の損傷を受け、血液の(赤血球と白血球)の数が減少して、心臓障害や染色体の異常が出た。人間も同様な健康被害がでる事を示している。 原発を推進する組織は放射腺の恐怖で劣悪な生活をして、健康を害すると説明しているがチエルノフ゛イル原発事故で放射腺の影響で人間も健康被害がでている。実際に自然環境も放射腺により汚染している事は事実である。福島原発事故のUNSCEAR(国連科学委員会)の報告書は、野生動物の放射線による体の健康被害や特に哺乳類の健康被害は全く報告していないこのUNSCEARの報告書は信実でない。特に将来の世代の為に放射腺の健康被害について研究する事は非常に重要である。福島第1原発事故の放射腺の影響で健康被害が動物や植物に出ている事を研究する事は緊急に必要である。将来の世代の為に放射腺で健康被害がでている事を理解する事は必要な事である。(EMI.KIYOMIZU訳)

2014年11月1日土曜日

eneニュ-ス。 福島の子供達に本当に恐ろしい事が起きている。 医師達が福島で発生してる病気が福島第1原発事故の放射腺が原因であると話すと医師会から圧力がかかると話した。 現在奇妙な腫瘍ができて子供達も動物達も死んでる、多くの病気の発生数がさらに高くなると話した。 核専門家 達は福島県の人達に、他に多くの疾病も出ており、これらを含んだら日本で百万人の人達が癌になる可能性があると話した。 重要な鍵は、病気の統計率である。 日本政府は死亡の原因や他の疾病の原因について情報を与えない 様にしている。 又、医師達にも放射腺による疾病の統計率を示さない状態である。 現在の日本の医学界は国際原子力機関(IAEA)に対し、福島第1原発による健康被害について、毎回報告書を提出し許可を得て、国民や新聞に公表できる状態である。 病院の死亡データは IAEAが報告する迄、日本の国民に公表する事ができない状態である。 IAEAは、原子力発電を促進している為、病院側が死亡率や疾病率の数を正確に報告し様としてもIAEAが障害になっている。本当に恐ろしい事である。 IAEAと日本の医学界から医師達に圧力がかかるので。 医師が真実を話す事は、非常に少ない状態である。 (“Truly Frightening”: Doctors being threatened for linking illnesses to Fukushima — Strange tumors, kids dying, pets dying — Much higher incidences of whole range of health problems reported — Experts: 1,000,000 cancers, plus many other ailments possible) http://enenews.com/frightening-doctors-being-threatened-telling-patients-illnesses-related-fukushima-radiation-strange-tumors-kids-dying-pets-dying-higher-incidences-range-health-problems-being-reported-experts eneニュ-ス。 2014年10月28日の記事。 福島の子供達に本当に恐ろしい事が起きている。 医師達が福島で発生してる病気が福島第1原発事故の放射腺が原因であると話すと医師会から圧力がかかると話した。 現在奇妙な腫瘍ができて子供達も動物達も死んでる、多くの病気の発生数がさらに高くなると話した。 核専門家 達は福島県の人達に、他に多くの疾病も出ており、これらを含んだら日本で百万人の人達が癌になる可能性があると話した。 Alex Smith氏 (Ecoshockラジオ)私達は、福島の地域に住む人達から福島第1原発事故による放射腺の健康被害についてほとんど何も聞いた事がない。 福島の子供達や動物達に奇妙な腫瘍ができて死んだ事を聞いたが Arnie Gundersenさんは何か聞いた事がありますか?日本の政府から、福島第1原発事故で福島の人達の放射腺の病気について事実の報告を聞く事を期待できるか? Arnie Gundersen(核専門家)これは重用な報告です。 私たちは、癌の発生率について福島に住んでいる人達から情報を得ている。 癌の病気だけでなく、他の多くの疾病も福島第1原発事故の放射線が原因であると思っている。 福島第1原発事故事故が起きる前年の2010年より、将来、全ての病気(疾病)の発生数がさらに高くなる。 福島医大で勤務してる、勇気のある数人の医師達は日本の医学会が圧力をかけてきた病院で働く権利も脅かされていると話してくれた。 勇気のある数人の医師達が病気の原因は福島第1原発事故の放射腺であると患者に伝えたら、病院で働く権利を失う事になり医学界からも大きな圧力がかかると話した。 重要な鍵は、病気の統計率である。 日本政府は死亡の原因や他の疾病の原因について情報を与えない 様にしている。 又。医師達にも放射腺による疾病の統計率を示さない状態である。 現在の日本の医学界は国際原子力機関(IAEA)に対し、福島第1原発による健康被害について、毎回報告書を提出し許可を得て、国民や新聞に公表できる状態である。 病院の死亡データは IAEAが報告する迄、日本の国民に公表する事ができない状態である。 IAEAは、原子力発電を促進している為、病院側が死亡率や疾病率の数を正確に報告し様としてもIAEAが障害になっている。本当に恐ろしい事である。 IAEAと日本の医学界から医師達に圧力がかかるので。 医師が真実を話す事は、非常に少ない状態である。 (下記はArnie Gundersenさんが今迄に世界で起きた原発事故の非常な危険さと福島第1原発事故の危険な状態とeneニュ-ス記事の内容を述べた動画です。他に多くの疾病も出ており、これらを含んだら日本で百万人の人達が癌になる事も述べている。又、名古屋で放射腺物質の埃を検出した事や車のフイルタ-にある放射腺の写真を解説したり子供の運動靴が放射腺物質で汚染した事等も述べている。) http://www.fairewinds.org/wave/ (私はプロの翻訳家でないので、和訳に間違いがあるかもしれませんがご理解下さい) (EMI.KIYOMIZU訳)

2014年10月27日月曜日

ドイツSPIEGEL誌。東電は福島第1原発の1号機の解体工事を開始した。現在も、福島第1原発の原子炉にある核燃料は毎日数トンの水で冷却しないとコントロ-ルができない危険な状態が続いている。日本政府の安倍首相は世界の国に対して、福島第1原発の状態は現在コントロ-ルできていると述べたが、コントロールができていない危険な状態が続いている。 (Fukushima: Japan startet Abriss von Katastrophenreaktor) http://www.spiegel.de/wissenschaft/technik/fukushima-rueckbau-des-atomkraftwerks-in-japan-beginnt-a-998554.html ドイツSPIEGEL誌。2014年10月20の記事。 東電は福島第1原発の1号機の解体工事を開始した 福島第1原発事故で1号機の原子炉の核燃料がメルトダウン(核溶融)した三年半後に作業員達が1号機の屋根カバ-解体工事を始めた。 遠隔操作ができる特殊なクレーンを使用し一時的にカバ-で覆った1号機の屋根に穴をあける工事を東京電力は水曜日に開始した。 屋根の穴に4000リットルの飛散防止剤を注ぎ、放射腺物質の飛散を防止して、来年3月に1号機の解体工事を開始する。 1号機の健屋にある瓦礫の撤去をおこない、使用済み核燃料棒を2018年3月末に冷却フ゜ールから運び出す。 しかし、東京電力は1号機の原子炉内の溶融した核燃料棒がどこにあるか明確にわからない状態で 核燃料棒の取り出しは非常に危険な作業である。 東電の現在の計画は、溶解した核燃料棒の取り出し作業は2022年に東京でオリンピックを開催するので、2020年前に核燃料棒の取り出し作業を終了する計画をしているが非常に困難で危険な状態である。 日本政府の安倍首相は、オリンピックを開催する為に、世界の国に対して福島第1原発の状態はコントロ-ルしていると述べている。 しかし、福島第1原発の状態は放射腺汚染した地下水が1号機の健屋内や地下の土壌に流入し コントロ-ルできない状態で非常に危険である。東京電力が今迄おこなった福島第1原発の作業は疑問であり失敗している。 東電は福島第1原発の地下水対策の為に凍土壁を建築した。2号機と3号機の健屋から海側に伸びる地下トンネルを建設したが凍土壁はトンネルに流入する地下水を止める事ができない。 数千トンの地下水と原子炉を冷却する為の汚染水は、地下トンネル内に流入して海に流出する危険な状態である。 東京電力は地下水の流出問題は、最も重要な作業である。 1号機から4号機の周りに作る凍土壁の建設は、原子炉を冷却する為の高放射能汚染水と地下水を流入するのを停止する為であるが失敗している。毎日1千トンの地下水が損傷した福島第1原発の敷地内に流れる状態である。 その内400トンの地下水が1号機から3号機の地下室に流入している。 東京電力はトンネル内で原子炉の核燃料を冷却をする為の汚染水と地下水が混合してる状態である。 東京電力は50万トンの、高放射腺汚染水は、汚染水タンクに保管している。 地下水の流入を防ぐ為の1.5キロの長い凍土壁の建設は成功できるかSPIEGEL誌は疑問を持っており不信感を持っている。 1号機と2号機と3号機の原子炉の内部にある核燃料棒は現在も高い放射線量を放出している状態である。 福島第1原発事故で、非常な高熱で数百本もある核燃料棒が溶融し、 原子炉圧力容器の底を突き抜け溶融した核年料棒は原子炉圧力容器を防護する鋼鉄や建物の土台のセメントも混合して危険な状態で溶融溶融した核年料棒は非常に高い放射腺量である。 東京電力は破壊した福島第1原発の1号機の原子炉内で溶融した核燃料の状態は誰もわからない。 原発の労働者達も高放射腺量で、防護服を着ても作業ができない状態である。 現在も、福島第1原発の1号機の原子炉にある核燃料は毎日数トンの水で冷却しないとコントロ-ルができない危険な状態が続いている。 日本政府の安倍首相は世界各国に対して、福島第1原発の状況は現在コントロ-ルできていると述べたが、コントロールができない危険な状態が続いている。 (EMI.KIYOMIZU訳)

2014年10月8日水曜日

ドイツZAIT新聞。 日本は、福島第1原発事故を過去の物にした。 多数の日本の国民達が日本政府の原発再稼動に抗議したが、日本政府は、日本国民の意思を無視して、原発の再稼動を始める、これは間違ったエネルキ゛-政策である 日本の原子力規制委員会は、他に20の原発の安全対策を調査する申請があり、安全性を確認して再稼動を進める。日本は安価なエネルギーが必要である。この為に原発エネルギーは必要であると田中氏は述べている。放射腺核廃棄物の問題も大幅に低減した。日本は原発に対して高度な安全対策があり、 原発の事故を防止できると田中氏は述べている。 東京で開催した、原発エネルギー討論会で参加者達に、新しい世代が原発エネルギーを使用する事は有望であると言う映画を見せた。この映画は原発エネルギーを推進する為に共謀して(プロパガンダ)作成された物である、科学者達の考えと全く違う事を示した映画である。1ヶ月間、ストーン氏と田中氏は、日本の将来において原発エネルギーを促進する為に"未来は原発エネルギーである"という映画を宣伝する為にツアーに参加する。 日本政府も官僚達も、福島原発事故は過去の物して忘れた。福島原発事故の反省も無く、日本国民に対して余りにも、無責任である。 (Fukushima war gestern) http://www.zeit.de/2014/39/atomkraft-japan-fukushima ドイツZAIT新聞。(2014年10月5日の記事。) 日本は、福島第1原発事故を過去の物にした 多数の日本の国民達が日本政府の原発再稼動に抗議したが、日本政府は、日本国民の意思を無視して、原発の再稼動を始める、これは間違ったエネルキ゛-政策である。 32歳の会社員沢田真弓さんは鹿児島の南西部の海岸にある町の中央広場で、日本政府の原発再稼動に対して大規模な反対の抗議に参加した。1980年代にドイツで数千人のドイツの国民達が原発に反対するデモを行いドイツ政府に抗議した様に同じであったと話した。 2011年3月11日の地震と津波により福島第一原発の原子炉の核燃料は溶解を起こした 日本の国民達の大多数は、原発エネルギーに対し大反対をしている。 福島第1原発事故後、全ての原発が停止したがこれは幻のでき事であったと沢田さんは話した。 日本政府は日本国民の原発再稼動の反対する意志を無視して、原発の再稼動をおこなう事を7月中旬に決定した。 原子力規制委員会は、川内原発にある2つの原子炉の安全対策を承認したと文書で日本政府に報告した。 日本政府だけでなく、日本の官僚達(経産省と原子力規制委員会)が、安全性を確保したと確認した。日本政府は原発の再稼動を進める事になる。 日本の原子力規制委員会は、他に20の原発の安全対策を調査する申請があり、安全性を確認して再稼動を進める。 福島第1原発の原子炉の核燃料が溶解(メルトダウン)をした経験をした日本政府は日本国民が原発再稼動の反対の抗議をしているにもかかわらず、原発の再稼動を続けようとしている。 2011年迄パリの国際エネルギー機関の所長であった東京大学の教授田中信夫氏は 日本の原発の安全性に関する討論会を開催して、エネルギーの価格は、3年間で25%も上昇した原発エネルキ゛-を使用しないと日本の経済界は十分に動く事ができないと説明した。 又。日本経済は20年間も成長していない。日本はエネルギーの90%を外国から輸入しており、 日本は安価なエネルギーが必要である。この為に原発エネルギーは必要であると田中氏は述べている。 日本政府は中東の石油やガスに依存しており、石油やガスは将来、価格が上昇する。 日本は世界第三位の石油輸入国であり、特に日本の経済界は石油やガスの価格上昇で大影響を受ける。 2011迄の日本の原発エネルギ-使用量は約30%である原発エネルギ-は、日本政府にとって、最善の選択肢であると述べている。 日本の国民は、原発は危険であり、福島原発事故は人災だと日本国民は原発に対して間違った結論を出したと田中氏は述べた。新しい世代は多くの原発エネルギーを使用して日本は経済界も原発エネルギーを使用する事ができる。 放射腺核廃棄物の問題も大幅に低減した。日本は原発に対して高度な安全対策があり、 原発の事故を防止できると田中氏は述べている。 東京で開催した、原発エネルギー討論会で参加者達に、 新しい世代が原発エネルギーを使用する事は有望であると言う映画を見せた。 この映画を作成したオスカーにノミネートされた監督のロバート·ストーンも会議に参加していた。 この映画は原発エネルギーを推進する為に共謀して(プロパガンダ)作成された物である、科学者達の考えと全く違うことを示した映画である。 1ヶ月間、ストーン氏と田中氏は、日本の将来において原発エネルギーを促進する為に"未来は原発エネルギーである"という映画を宣伝する為にツアーに参加する。 日本政府も官僚達も、福島原発事故は過去の物にして忘れた。 福島原発事故の反省も無く、日本国民に対して余りにも、無責任である。 (EMIKIYOMIZU訳)

2014年9月18日木曜日

IPPNWドイツ支部。福島県で約100人以上の子供達が甲状腺癌になっている。 8月24日に福島県の子供達が甲状腺癌なった内で、57人が甲状腺癌の手術を実施したと、福島県の県民健康調査で報告している。 甲状腺癌になる子供達は103人になる、福島県では、約85%だけの子供達が甲状腺検査を実施しており、子供達が甲状腺癌になる実際の数は、さらに増加すると思われる。 福島県立医科大学の責任者は、福島第1原発事故と甲状腺癌の発生は関係がないと説明している。 福島県以外の地域に住む子供達に発生する甲状腺癌の数は、地域差はない示されている。 放射線の沈着量が低かった会津地方は人口10万人に対して、悪性甲状腺癌や悪性の疑いは27.7人である。 自主避難区域の浜通りと中通りは、悪性甲状腺癌や悪性の疑いは、33.5人から36.4人であると明かにされた。 会津地域は、甲状腺の二次検査がまだ完了していないので、子供達が甲状腺癌になる数はより増加すると考えられる。 (Über 100 Schilddrüsenkrebsfälle in der Präfektur Fukushima) http://www.fukushima-disaster.de/deutsche-information/super-gau/artikel/250673f3bcd885521f7766913f52c936/-01a361ff5c.html IPPNWドイツ支部。(2014年、8月24の記事) 福島県で約100人以上の子供達が甲状腺癌になっている。 2014年8月24日に福島県の子供達が甲状腺癌なった内で、57人が甲状腺癌の手術を実施したと、福島県の県民健康調査で報告している。 甲状腺癌になる子供達は103人になる、福島県では、約85%だけの子供達が甲状腺検査を実施しており、子供達が甲状腺癌になる実際の数は、さらに増加すると思われる。 福島県立医科大学の責任者は、福島第1原発事故と甲状腺癌の発生は関係がないと説明している。 しかし、福島県以外の地域は福島第1原発事故で沈着した放射腺量が異なっているが、福島県以外の地域に住む子供達に発生する甲状腺癌の数は、地域差はないと示されている。 放射線の沈着量が低かった会津地方は人口10万人に対して、悪性甲状腺癌や悪性の疑いは27.7人である。 自主避難区域の浜通りと中通りは、悪性甲状腺癌や悪性の疑いは、33.5人から36.4人であると明かにされた。 会津地域は、甲状腺の二次検査がまだ完了していないので、子供達が甲状腺癌になる数はより増加すると考えられる。 日本の癌の統計では、子供達が甲状腺癌になるのは1年間に1人以下であると示している。 (EMI。KIYOMOZU訳)

2014年9月11日木曜日

IPPNWドイツ支部。劣化ウラン弾は、癌になる原因である。 (Abgereichertes Uran verursacht Krebs) イラクが、ウランの核兵器を使用する事について、禁止する条約をこの秋に国連の総会で討論された。 長期的にウランの核兵器を使用すると健康への重大な損傷が起こる事が研究により、明確に証明されている。 ウランの核兵器の禁止を求める国際連合(ICBUW) が、劣化ウラン弾を使用するとアルファ放射腺が、人間の体内に入り、毒性として働き、人間の遺伝組織(DNA)が破壊する。国際法違反であると、50以上の研究により、報告している。 国際癌研究機関は、劣化ウラン弾から放射腺のアルファ線が放出し、体内に入ると癌になる原因であると報告している。 劣化ウラン弾の放射腺が人間の体内に入り、遺伝組織(DNA)が切断され、損傷されると研究で証明されている。 科学者達は、染色体に数的な異常がおこり、正常な細胞が、癌細胞へ形質転換すると報告している。米国と英国は1991年から2003年迄に40万キロク゛ラムの劣化ウラン弾を戦争で使用した国である。 一般市民 にはウランの劣化ウラン弾を使用した場合の危険性は何も知らされていない状態である。2003年に米軍はイラク戦争で、イラクの民間居住地域で、劣化ウラン弾を使用したのは確実である。ウラン兵器使用禁止を求める国際連合(ICBUW)は、長期間にわたり、地雷とウラン核兵器の使用を禁止する事を要求している。 劣化ウラン弾は戦争に行く兵隊達と、民間人の生命を脅かし、将来の世代にも、生命を危険にさらし、長期間にわたり、劣化ウラン弾による健康被害が続くのである。 http://www.ippnw.de/startseite/artikel/9e86a65c0998b59f98e979983caf8c7b/abgereichertes-uran-verursacht-krebs.html IPPNWドイツ支部。(2014年、9月3日の記事。) 劣化ウラン弾は、癌になる原因である。 イラクが、ウランの核兵器を使用する事について、禁止する条約をこの秋に国連の総会で討論された。 長期的にウランの核兵器を使用すると健康への重大な損傷が起こる事が研究により、明確に証明されている。 ウランの核兵器の禁止を求める国際連合(ICBUW) が、劣化ウラン弾を使用するとアルファ放射腺が、人間の体内に入り、毒性として働き、人間の遺伝組織(DNA)が破壊する。国際法違反であると、50以上の研究により、報告している。 国際癌研究機関は、劣化ウラン弾から放射腺のアルファ線が放出し、体内に入ると癌になる原因であると報告している。 劣化ウラン弾の放射腺が人間の体内に入り、遺伝組織(DNA)が切断され、損傷されると研究で証明されている。 科学者達は、染色体に数的な異常がおこり、正常な細胞が、癌細胞へ形質転換すると報告している。 イラクの国は劣化ウラン弾で、最も国が汚染されている国である。 米国と英国は1991年から2003年迄に40万キロク゛ラムの劣化ウラン弾を戦争で使用した国である。 一般市民 にはウランの劣化ウラン弾を使用した場合の危険性は何も知らされていない状態である。 米国政府は、イラクで劣化ウラン弾の使用した事で市民達に健康影響を与える事を研究する事も、劣化ウラン弾を使用した場所と使用した劣化ウラン弾の量を情報を提供する事も妨害し、拒否した。 オランダの平和団体(Pax)は、オランダの防衛省がFreedom of Information Act(アメリカ連邦政府情報公開法)により、米国政府にイラクで使用した劣化ウラン弾についての情報を与えるように要請して、オランダの防衛省は米国政府に情報を与える様に要求した。 米国政府はイラクで使用した劣化ウラン弾についていくつかの情報を与えた。 2003年に米軍はイラク戦争で、イラクの民間居住地域で、劣化ウラン弾を使用したのは確実である。 "Freedom of Information Act" (アメリカ連邦政府情報公開法)は、アメリカ合衆国は、アメリカ合衆国憲法修正第1条において、言論の自由と表現の自由が保障されている。 ウラン兵器使用禁止を求める国際連合(ICBUW)は、長期間にわたり、地雷とウラン核兵器の使用を禁止する事を要求している。 劣化ウラン弾は戦争に行く兵隊達と、民間人の生命を脅かし、将来の世代にも、生命を危険にさらし、長期間にわたり、劣化ウラン弾による健康被害が続くのである。 (EMI.KIYOMIZU訳)

2014年8月30日土曜日

ロシアtoday."福島原発の三号機の原子炉の内部で,溶融した核燃量は最初に報告されたより非常に悪い状態である." 福島第一原発事故の検証で三号機の原子炉の内部にある核燃料は,これ迄の推定より,早く核燃料が溶融し大部分が原子炉から核納容器に溶け落ちたと新たな結果が出たと東京電力が発表した.これが事実ならば,福島原発の三号機を廃止する事は.より困難な状態になる事を意味している.溶融した核燃量の放射腺の影響で福島の地域に住む人達の健康や,動物や植物にも放射線の影響が現れている.7月下旬に,福島の地域に住む野生の猿の血液検査を実施した結果、猿は福島原発事故による放射腺の影響で,血液異常になっている事が発見された.放射腺により免疫不全がおこり,流行性感染症にかかりやすくなる.福島原発事故による放射線降下物により被曝したのが原因である福島原発の避難区域にある14の異なる水田から 放射性物質を発見した .14の 水田は放射性物質で汚染されていると7月に報道している.ロシアTODAYは,福島の避難区域の5つの地域は現在も非常に放射腺で汚染されている. (Fukushima nuclear meltdown worse than initially reported - TEPCO) "福島原発の三号機の原子炉の内部で,溶融した核燃量は最初に報告されたより非常に悪い状態である." http://rt.com/news/178572-fukushima-nuclear-meltdown-worse/ ロシアtoday.2014年8月7日の記事. 東電の福島原発の三号機の原子炉の内部で,溶融した核燃量は最初に報告されたより非常に悪い状態である. 福島第一原発事故の検証で三号機の原子炉の内部にある核燃料は,これ迄の推定より,早く核燃料が溶融し大部分が原子炉から核納容器に溶け落ちたと新たな結果が出たと東京電力が発表した. もし.これが事実ならば,福島原発の三号機を廃止する事は.より困難な状態になる事を意味している. ジャパンタイムズは東電は、第一号機の原子炉の核燃料棒の約63パーセントが溶融していたと2011年11月に推定している. しかし、東電は現在も、核燃料が三号機の原子炉内にあると考えており,原子炉の冷却システムが5時間以上も早く,機能を停止した為にその結果、メルトダウン(核燃料の溶融)が始ったと考えている. 三号機の原子炉の格納容器にある核燃量の溶融は、現在考えられてる前に早く始じまっている.格納容器にある核燃料の溶融量は、非常に多いと考えられる. 読売新聞は格納容器内にある,多くの核燃料を取り除く作業と核燃料を処分する事はより慎重な計画が必要であると報道した. 東京電力の広報担当者川村真一さんは,東電は三号機の新たな事実を発見したが, 溶融していない核燃料があると述べている。 東京電力の広報担当者川村真一さんは ,私達は、原子炉にある溶融した核燃料は実際の原子炉のデータに基づいて考えると溶融していない核燃量の 一部が原子炉内に残っていると思うとジャパンタイムズに述べている. 三号機の原子炉の内部にある核燃料量は,これ迄の推定より,早く核燃料が溶融し大部分が原子炉から核納容器に溶け落ちたという新たな報道で,溶融した核燃量の放射腺の影響で福島の地域に住む人達の健康や,動物や植物にも放射線の影響が現れている. 7月下旬に,福島の地域に住む野生の猿の血液検査を実施した結果、猿は福島原発事故による放射腺の影響で,血液異常になっている事が発見された.放射腺により免疫不全がおこり,流行性感染症にかかりやすくなる.福島原発事故による放射線降下物により被曝したのが原因であると新聞は報道している. 日本の農林水産省は,福島原発の避難区域にある14の異なる水田から 放射性物質を発見した .14の 水田は放射性物質で汚染されていると7月に報道している. ロシアTODAYは,福島の避難区域の5つの地域は現在も非常に放射腺で汚染されていると 報道している.農林水産省は,東京電力に対して,福島第1原発の今後行われる作業の為に,より良い防護対策を実施する様に要請している.(EMI.KIYOMIZU訳)

2014年8月15日金曜日

(重用な動画です!ドイツZDF テレビ福島への帰還 第一弾 です,) (ドイツZDF テレビ福島への帰還第二弾 です.)

2014年8月8日金曜日

IPPNWドイツ支部から.日本の広島と長崎に原爆が投下された悲惨な日をドイツの国民達も決して忘れ てはいけない. ドイツ国内の60ヶ所の地域で,原爆廃止と核兵器廃絶の為に,抗議集会や抗議デモがおこなわれる. 広島と長崎の原爆の被災者の為に,ロウソクに点灯し,川や湖に灯籠が流される,折り紙や原爆廃止の旗や花も流される.又,原爆廃止や核兵器廃止の為に,抗議する為の自転車ツア-もおこなわれる.核兵器や原子爆弾を製造する企業は銀行から資金が調達している.それに反対した抗議デモが ドイツの銀行前で行われる.IPPNWは、国際研究を行い,核兵器を製造する企業が製造資金を銀行から調達されている事を示す全データを収集して,9月26日に発表される. 8月9日に,IPPNWドイツ支部のJens-Peter,Steffen博士は,世界中で,原子爆弾や核兵器をゼロにする為の,自転車ツア-に参加する. 自転車ツア-に参加する参加者達(ドイツ市民達や反原発活動家達やIPPNWドイツ支部の医師達)は現在も,核兵器は恐ろしい破壊力を持ち,人間や自然等全ての生物を破壊する危険性がある事をドイツの16の街で,ドイツの市民達に説明する行動が行われる. (Hiroshima und Nagasaki unvergessen – auch in Deutschland) http://www.ippnw.de/presse/presse-2014/artikel/41162ad75f811b26fc6f32c610cf1d1d/hiroshima-und-nagasaki-unvergessen.html IPPNWドイツ支部から.(2014年8月6日の記事).日本の広島と長崎に原爆が投下された悲惨な日をドイツの国民達も決して忘れ てはいけない. 1945年に,米国政府により広島·長崎両市に原爆が投下された日に共催して,今週にドイツ全国で多数の抗議デモや行動がおこなわれる. 昨日からEifel 地域にある Büchel市の核兵器工場前で,IPPNWのドイツの医師達やドイツ市民達,反原発活動家達も参加して核兵器廃止の為の抗議デモが行なわれた.この抗議デモは土曜日から8月11日迄続けられる. ドイツ国内の60ヶ所の地域で,原爆廃止と核兵器廃絶の為に,抗議集会や抗議デモがおこなわれる. 広島と長崎の原爆の被災者の為に,ロウソクに点灯し,川や湖に灯籠が流される,折り紙や原爆廃止の旗や花も流される.又,原爆廃止や核兵器廃止の為に,抗議する為の自転車ツア-もおこなわれる. 他にも,核兵器や原子爆弾を製造する企業は銀行から資金が調達している.それに反対した抗議デモが ドイツの銀行前で行われる. 抗議デモに参加するドイツ市民達や,反原発活動家達は,核兵器や原爆ビジネスのテ-マについて,議論が行われる. IPPNWは、国際研究を行い,核兵器を製造する企業が製造資金を銀行から調達されている事を示す全データを収集して,9月26日に発表される. 8月6日に, Frankfurterの市長,Peter Feldmannさんは,フランクフルト市の中心部に,ローマ人の平和市長会議の旗を掲げる.IPPNWフランクフルト支部のUlrich Gottstein博士が世界の核兵器廃止と原子爆弾廃止の為の記念公演を行う. 8月7日の午後5時に,Berlin の Friedrichshainの市民公園で,ベルリンの市民達の集会が開催され,広島、長崎の犠牲者の為に祈り,黙祷される. 8月9日に,IPPNWドイツ支部のJens-Peter,Steffen博士は,世界中で,原子爆弾や核兵器をゼロにする為の,自転車ツア-に参加する. 自転車ツア-に参加する参加者達(ドイツ市民達や反原発活動家達やIPPNWドイツ支部の医師達)は現在も,核兵器は恐ろしい破壊力を持ち,人間や自然等全ての生物を破壊する危険性がある事をドイツの16の街で,ドイツの市民達に説明する行動が行われる. (川内村への一時帰還:独ZDFの同行取材 ) (EMI.KIYOMIZU訳)

2014年8月2日土曜日

再掲載.IPPNWドイツ支部から.汚染された食品についての新たな研究. IPPNWドイツ支部が,新しい研究発表をした. この中で,Siedentopf博士は,➀原子力災害の1年後の1987年に,ベラルーシで子供達の白血病率が、33%上昇した.そして,1990年から1992年までの期間に,第二の増加が始まり,1歳未満の小児において,152パーセントの白血病率が高まったことを報告している②日本は,汚染された食品(福島原発事故により放射線汚染された食品)により,チェルノブイリと同じような状況が発生すると思われる.と書かれている事が重要点です.日本でも4年後に152パーセントの白血病が発生する可能性があると思う. (Kontaminierte Lebensmittel und neue Forschungsergebnisse) http://www.ippnw.de/startseite/artikel/700fba783e/kontaminierte-lebensmittel-und-neue.html IPPNWドイツ支部から. (汚染された食品についての、新たな研究.) 原子力災害後27年たった現在でも,チェルノブイリの食料品は,まだ放射性セシウムで汚染されている. 情報サービス"Strahlentelex"が,ドイツのブルーベリージャムがから(セシウム137)22ベクレル/ kg放射線量を,日本で検出したと報道した. ドイツのジャムは,短命なセシウム134が含まれていなかったので、チェルノブイリからのセシウム137であると確定できる. セシウム137の半減期は30年で,物理的に半分も消失されていない状況である. 日本は,汚染された食品(福島原発事故により放射線汚染された食品)により,チェルノブイリと同じような状況が発生 すると思われる. IPPNWドイツ支部のメンバー Alex Rosen博士は,"現在の規定値は,癌の発生率のリスクの増加を起すことになり,規定値自体が誤りであり.通常,被曝した人は ,放射線量により"相対して健康リスクが表われると述べている. 4月12日に、製造元が,放射能で汚染されたシ゛ヤムを市場に流していた。EUの制限を考慮し、製造元が勝手に内部で,低い値に設定していた。 これは特別なケースでは無い. 2012年日本の厚生労働省は,オーストリアからとフランスからのブルーベリージャムにおいて,140から220ベクレル/ kgの放射性セシウムを検出している. 又,南ドイツの野生のキノコとイノシシも,ヨーロッパの他の地域でも、まだ,部分的に,600ベクレル/ kg以上(野生のキノコとイノシシ)汚染されている. チェルノブイリの酷い健康影響は,ほとんどの欧米の国民が気づいていない. IPPNW理事会メンバー.Dörte Siedentopf 博士は,チェルノブイリで起こった血管の変化と"突然死"は汚染された食品が原因であると報告している. 実際に、最近の科学的研究で、放射線被曝と心血管疾患の関係を認めている. 国際研究組織のMark Little博士 は,放射線が原因で起こる心血管疾患による死亡率や、癌発生率も,同じくらい高くなっていることを研究報告している。 チェルノブイリ地域の公式の統計は、残念ながら.明確でない. Siedentopf博士は,チェルノブイリ地域では,死の原因が,癌であることが知らされていないと報告している. ベラルーシ共和党に登録されたチェルノブイリの影響による白血病の数が示されている. IPPNWのメンバー.Alfred Körblein 博士の調査で,原子力災害の1年後の1987年に,ベラルーシで子供達の白血病率が、33%上昇したことがわかった。そして,1990年から1992年までの期間に,第二の増加が始まり,1歳未満の小児において,152パーセントの白血病率が高まったことを報告している. Siedentopf博士は,チェルノブイリと福島の原発事故で,日本政府は2年間で,ウクライナ政府は数十年間放射線の原因による疾病と早死を,無視していると述べている. 私は20年以上、チェルノブイリ地域を定期的に訪ね、 子供と成人において,全ての臓器においての腫瘍、幼児期の糖尿病、白内障.血管の変化によって引き起こされる疾病、虫歯, 中年期において心筋梗塞と脳卒中、免疫不全,その他多くの疾病などで,ほとんどの家庭が病気になっているのを,私は自分の目で見たと報告している. Siedentopf博士は,新たな原子力災害が起こらない為に,ドイツでだけでなく、近隣のヨーロッパ諸国,アメリカ.アジアの,稼動されている全ての原発を廃止することを要請した! (研究発表.チエルノブイル原発事故による健康影響): www.ippnw.de/atomenergie/atom-gesundheit/tschernobyl-folgen.html Kontakt: Angelika Wilmen (Presse), Tel. 030-69 80 74-15. Henrik Paulitz (Atomexperte), Tel. 0171-53 888 22 核戦争反対国際医師団体ドイツ支部(IPPNW.DE), Körtestr. 10, 10967 Berlin, www.ippnw.de, Email: ippnw[@]ippnw.de

2014年7月30日水曜日

BELRINの反原発団体は,福島第1原発事故により,福島の被災者達や被曝した多くの国民達の放射線被曝検査を行なう事を日本政府に要請する.その為に署名運動を開始した. 2011年3月福島第一原発事故で膨大な放射線量を放出した. 福島第一原発から現在も毎日継続して,放射性物質が,放出されている. 日本の広大な面積が放射腺の影響を受けて,日本の土壌と海が汚染された. 私たちの大きな懸念は、放射腺汚染された食料品を通じて内部被曝にさらされている多くの日本の子供達と国民達である. 特に幼児がいる両親は健康上のリスクに非常に懸念している. 東京電力が福島第1原発事故を起こした責任者であり,福島の住民達を放射線で被曝させた責任がある. 日本政府は福島第1原発事故後、福島の住民達や日本国民に対して,福島第1原発事故で放出した膨大な放射線量の正確な 情報を与えなかった事は,有罪である. 甲状腺検査の結果を被害者達に知らさない事は人権問題である. 代二次検査 の為,他の医師に相談する事も禁止されている. 私たちは甲状腺検査を完璧に検査され,,その調査結果は,子供達の親達に知らさなければならない. 検査データも、透明に伝えて,放射腺による健康被害の研究の為に提供する事を要請する. (Japan: Gesundheitsuntersuchungen / Strahlenbelastungstests) http://www.antiatomberlin.de/mitmachen/petitionen.html BELRINの反原発団体から署名運動の呼びかけ.2014年.7月11日. BELRINの反原発団体は,福島第1原発事故により,福島の被災者達や被曝した多くの日本の国民達の放射線被曝検査を行なう事を日本政府に要請する.その為に署名運動を開始した. 2011年3月福島第一原発事故で膨大な放射線量を放出した. 福島第一原発から現在も毎日継続して,放射性物質が,放出されている. 日本の広大な面積が放射腺の影響を受けて,日本の土壌と海が汚染された. 私たちの大きな懸念は、放射腺汚染された食料品を通じて内部被曝にさらされている多くの日本の子供達と国民達である. 特に幼児がいる両親は健康上のリスクに非常に懸念している 状態である. 又,多くの福島の被災者達は放射能にさらされた後、日本の他の地域に避難した. BELRINの反原発団体は、東京電力が福島第1原発事故を起こした責任者であり,福島の住民達を放射線で被曝させた責任がある. 日本政府は福島第1原発事故後、福島の住民達や日本国民に対して,福島第1原発事故で放出した膨大な放射線量の正確な 情報を与えなかった事は,有罪である. 汚染された福島県の地域の住民達のために,18歳以下の子供達や未成年者達が無料医療の支援を受ける法律(被災者支援法)が2012年に成立したが放射腺により,健康被害を受けることを恐れた福島県外に避難した人達は.政府から,無料医療を受ける権利も無く,支援もない状態である. 私たちは,福島県外の地域に住む被災者達に,日本政府は無料の医療援助をして.放射腺被曝の検査をすることを日本政府に要請する. 放射腺被曝した福島県内に住む被災者達と,福島県外の地域に住む被災者達に,放射線被曝の検査と医療支援をして、被災者達が被曝検査をする事ができる権利を持つ事ができるように日本政府は改善するべきである。 私たちは、福島第1原発事故を調査した国連人権理事会の選任者アナント゛.ク゛ロ-ハ゛ー氏の勧告書は,これらの点を正確に指摘している. 現在は被曝検査の実施にたいして,多数の問題がある。 例えば、甲状腺検査の結果を被害者達に知らさない事は人権問題である. 代二次検査 の為,他の医師に相談する事も禁止されている. 私たちは甲状腺検査を完璧に検査され,,その調査結果は,子供達の親達に知らさなければならない. 検査データも、透明に伝えて,放射腺による健康被害の研究の為に提供する事を要請する. 東京電力と福島当局(福島県庁)は,福島の住民達や放射腺被曝した他の地域の住民達にも,健康検査を強化するためにより良い対策を取る必要がある. 最も重要な事は,放射腺の影響を受けた,被災者達が無料で,放射線被曝検査を行なう必要がある. 又,放射腺の影響を受けた人達のために医学的な治療も無料にしなければならない. "日本政府に要請する請願書." 日本政府安倍首相,復興大臣古屋圭司,環境大臣石原伸晃 様へ. 福島第1原発事故により,放射線の影響を受けた被災者達全員に対して. 無料の医療検査を行ない.放射線被曝に対して,無料相談をおこなうことを要請する. 我々は 以下の事を日本政府に要請する. (1)福島第1原発事故による,放射腺の影響を受けた福島の被災者達や,他の地域に避難した人達や子供達が放射線被曝検査の希望をした場合,これらの人達に対して,全て無料の放射線被曝検査を行なう事を要請する. (2)政府と東京電力は,福島第1原発事故により,放射腺被曝した,現在も福島で住む被災者達や,福島の汚染地域から,他の地域に避難した人達に対して,年齢に関係なく,無料の医療検査を、おこなう事を要請する. (3)放射線被曝検査の結果は被災者達に通達しなければならない. 又.収集された健康被害のデータは、放射腺の研究調査の為に公開しなければならない. (EMI.KIYOMIZU訳)

2014年7月28日月曜日

ドイツ新聞。(婦人新聞netzfrauen) 日本の医師が,福島第1原発事故の影響で東京の各地域で放射線物質が濃縮されて,劇的に放射腺の汚染が進行している,東京は人が住める場所でないと警告している. 土壌サンプルの検査で東京は確実に汚染された事が証明された福島第一原発事故でメルトダウンが起こり、その原因で、東京が放射能に汚染された、東京は人が住むことができない安全な場所でないと書いている.浜岡原発が核溶解(メルトダウン)を引き起こすことを懸念している.その為に, 東京の自治体に,市民達にヨウ素錠剤を配布する様に要求したが.浜岡原発で,メルトダウンが起こる原発事故は起こらないという理由で東京都の自治体はヨウ素錠剤の配布を拒否したのである.2011年前は新宿では0.5〜1.5ベクレル/キログラムの放射線量であったが, 現在,小平市は200〜300ベクレル/ kgの放射線量に汚染されている.東京都の23の地域で測定した放射腺量の結果は,東京の東側は1000-4000 Bq/kgで汚染されており, 西側は300-1000ベクレル/ kgの放射線量で汚染されていると、三田医師は書いている。チエルノブイル原発事故後,ウクライナ のキエフで行われた土壌測定で 500 Bq/kg Cs-137)の放射線量で土壌が汚染された.チェルノブイリ原発事故後、西ドイツ、イタリアでは、 90-100 Bq/kg の放射線量に土壌が汚染された.西ドイツ、イタリアの国民達に多くの健康への影響があった事が報告されている.福島第1原発事故により,東日本の被害者達を含み, 東京に住む人達も,放射腺による健康影響を受け た犠牲者であると書いている. http://netzfrauen.com/NF/2014/07/24/fukushima-belastet-tokio-sollte-nicht-mehr-bewohnt-werden/ ドイツ新聞。(婦人新聞netzfrauen)2014年7月24日. 日本の医師が,福島第1原発事故の影響で東京の各地域で放射線物質が濃縮されて,劇的に放射腺の汚染が進行している,東京は人が住める場所でないと警告している. 日本の医師三田茂さんは、何故、東京から移転し、西日本へ彼の医院を開業するか同僚への手紙で説明している。 医師三田茂さんは、2011年3月11日に、福島第一原発でメルトダウンが起こり、その原因で、東京が放射能に汚染された、東京は人が住むことができない安全な場所でないと書いている. 私は東京を何故離れるかと書いた記事を,東京小平市の医師会の新聞に掲載した。 三田 医師は東京で医師として長い経験を持っている。 三田 医師父の代から,50年以上にわたり小平市で医院を続けたが,医院を閉鎖した。4月21日に岡山で新しい三田診療所を再び開業すると小平市の医師会の新聞に掲載した。 4月21日に岡山で新しい三田診療所を再び開業すると小平市の医師会の新聞に掲載した.小平市の医師会の新聞に掲載した。小平市の医師会の新聞に掲載した。 土壌サンプルの検査で東京は確実に汚染された事が証明されたと東京小平市の医師会の新聞に掲載した。 三田医師は、原発事故が起きた時,全市民にヨウ素錠剤を配布する様に 東京の自治体に,10年間にわたり説得を続けてきた。 三田医師は、地震で浜岡原発が原発事故をおこし,浜岡原発が核溶解(メルトダウン)を引き起こすことを懸念している.その為に, 東京の自治体に,市民達にヨウ素錠剤を配布する様に要求したが.浜岡原発で,メルトダウンが起こる原発事故は起こらないという理由で東京都の自治体はヨウ素錠剤の配布を拒否したのである. 福島第1原発事故が起きた時, 別の原発も事故が起きると思い,恐ろしかったと三田医師は書いている. 東京都は市民を守る為に原発事故の原発事故防護対策を何もしていない.この状態は現在も何も変わっていないと書いている. 三田医師は、土壌サンプルを測定した結果,東日本と東京は,放射腺で汚染されていることは確実に明らかであると書いている. 三田医師はチェルノブイリ原発事故後、ヨーロッパの1部の地域で放射腺量を測定した様に,東京の各地域で土壌の放射腺量を測定して,比較した. 2011年前は新宿では0.5〜1.5ベクレル/キログラムの放射線量であったが, 現在,小平市は200〜300ベクレル/ kgの放射線量に汚染されている. 東京都の23の地域で測定した放射腺量の結果は,東京の東側は1000-4000 Bq/kgで汚染されており, 西側は300-1000ベクレル/ kgの放射線量で汚染されていると、三田医師は書いている。 チエルノブイル原発事故と比較してみるとチエルノブイル原発事故後,ウクライナ のキエフで行われた土壌測定で 500 Bq/kg Cs-137)の放射線量で土壌が汚染された.チェルノブイリ原発事故後、西ドイツ、イタリアでは、 90-100 Bq/kg の放射線量に土壌が汚染された.西ドイツ、イタリアの国民達に多くの健康への影響があった事が報告されている. 三田医師は、東京都内の放射腺の汚染状況は,もっと悪い状態になっていると書いている. この2年間に,下水処理場から,河川に流された水は,河床の土壌を汚染し放射腺量が増加している. 東京は人が長く住める場所でない,東京に住みたいと思う人達は 定期的に,より安全な地域に避難したり,移住する必要がある. 現在ウクライナとベラルーシの2代目と3代目の世代で健康障害が起きて,市民達が汚染されていない地域に移住した.将来,東日本の人達も同じ状況になると三田医師は書いている. 三田医師は放射線による健康被害が多くの患者に出ている事を報告している。 三田医師は2011年以後、0歳から-10歳の子供達に,白血球が減少して, 子供達が西側へ移住したら症状が回復した,又,呼吸器の疾病も西側に移住した結果, 子供達の症状は回復したと報告している. 三田医師は患者達に,鼻血、脱毛、倦怠感,皮下出血、結尿,脳出血,皮膚の炎症、喘息等の症状が明らかに増加した,又,チェルノブイリ原発事故後に放射線の健康影響が出た時と同じ様に,東京では,筋骨格系疾病の発生率も高くなった.と報告している. 2011年3月11日の福島第1原発事故により,東日本の被害者達を含み, 東京に住む人達も,放射腺による健康影響を受け た犠牲者であると書いている. (EMI.KIYOMIZU訳)

2014年7月25日金曜日

IPPNW の情報 電離放射線 の危険について. 1ミリSVトで放射線の発病リスクが高ま る 事を証明した➀バックグラウンド放射線で健康被害の引き起こす. ②療診断を目的とした放射線の使用が引き起こす健康被害は、疫学的に証明されている➂原発エネルギーの利用や 核実験 は疫学的に 健康被害を引き起こす。④疫学研究 の基本に集団線量を用いる 事で低線量被ばくの健康リスクを 確実に予測し定量化する事が可能だ⑤ICRP が 未も用いる広島・長崎で行なわれた研究を基本とするリスク 係数の算定は 時代遅れ だ⑥リスクに基づく放射線防護を導入す る。1ミリシーベルトという単位でも、放射線による発病リスクが高ま ることが証明されている。その線量以下では放射線が影響をもたなくなるという「しきい値」は存在しない.核兵器の使用(2千回以上の核実験)や重大原子力 事故で大 量の放射性核種 が放出され広域に 拡散 し た為多 くの 住民 が高い放射線量にさらされた。米国ネバダ州およびカザフスタンのセミパラチンスク核実験場付近又、チェ ル ノブ イリ や 福 島 原発 事故 の影響を 受 けた地域 で実 施 した 疫学調査では地域の住民 に罹患 率 や 死亡率 が 増加 していることを明らかにしている。 原発は稼動 中でも、 周辺 地域の 住民 に 健康 被害をもたらす 居住 地が 発電 所 に 近 い 小児の 白 血 病やその 他 のが ん の発生 率 が 増加 することが認められている。労働 者の癌罹 患 率 は被ばく 許容 基 準 値を守 る 場合も 一般人 よ り高い労働 者 達 の子 ど も は 一般 の子 ど も に 比べ 多 くの健康被害 を認める ウラン 鉱山核 兵器生産工場 の 労働 者 は慢 性リン パ 性白 血症率 が高いことが示されている。低線量の放射性 ヨ ウ 素の被ばくの結 果は甲状腺 が ん を 含め 甲状腺 疾患 が小児 、 思春 期 の 若 者成人 に見る 低線量の放射線はが ん 疾患を引き起こす。 髄 膜種 や その 他の良性腫瘍、 心血管系 、 脳血管系 、呼 吸器系 消 化 器系、内分泌系の疾患、精神疾患、白 内障だ。胎内で小児期 に 脳 に放射線の影響を 受 けることによって、 知 能の発 達 に 障 害が引き起こされることも 多 くの 研究によって明らかに された特 に診断用エックス線 検 査、放射線療法や原発 事故後 の被ばくが 挙げ られる。 原発事故 が発生した 後の低線量の被ばくも、 人間 、 動 物のおいて、 催 奇 性 の被害の 起こること が 証明された。人間 における 遺伝 的 影響 で二世 代目から 現 われる 何世 代かを 経 て 初め て 現 われるものもある.広島、長崎では、放射性降下物と中性子放射線による放射化がもたらした影響が 顕著であったにもかかわらず放射線影響研究所(RERF)はこれらを考慮に入れなかった.そのことによって、実際の放射線の効力は過小評価されることになった.原爆投下後の広島・長崎を見舞った被災状況を生き延びることができたのは、特に生命力の強い人々であったと想像できる。つまりひとつの選択されたグループ(適者生存)を形成した。 そのため調査の対象となったグループは、一般的な人口集団を代表していたとは言えない。このような選抜の働いた結果放射線リスクは約30%低く見積もられることになった。 原爆被爆者たちの多くは、社会的に迫害されていた。そういった事情から、例えば子孫の結婚や社会 復帰のチャンスを逃さないように、出身地また子孫に現われた疾患について 彼らが正直な報告を行なわないことが度々あったと考えられる。電離放射線による健康リスクのうち、どの程度のものが許容可能、要求可能であるかを判断するにあたっては、被害者たちの声を含めた社会的、政治的決断が必要である。人々を守るためには、発病リスクをできるだけ正確に評価し、わかりやすく説明しなければならない。医療 分野においては、こうした放射線防護の基準がますます取り入れられてきている。まだ誕生していない生命を守り未来世代の遺伝子を無傷のままに残すことが最大の優先事項とされなければならない。そのためには、成人をモデルとする現在の放射線防護法をさらに補完し、放射線に対してひときわ脆弱な胎児と小児に焦点を当てる必要がある。 http://www.fukushima-disaster.de/fileadmin/user_upload/pdf/japanisch/Health_Effects_of_Ionizing_Radiation_Japanese.pdf 1ミリSVトで放射線の発病リスクが高ま る 事を証明した➀バックグラウンド放射線で健康被害の引き起こす. ②療診断を目的とした放射線の使用が引き起こす健康被害は、疫学的に証明されている➂原発エネルギーの利用や 核実験 は疫学的に 健康被害を引き起こす。④疫学研究 の基本に集団線量を用いる 事で低線量被ばくの健康リスクを 確実に予測し定量化する事が可能だ⑤ICRP が 未も用いる広島・長崎で行なわれた研究を基本とするリスク 係数の算定は 時代遅れ だ⑥リスクに基づく放射線防護を導入す る。 2013年10月19日ドイツウルム市で開催された専門家会議概要. 電離放射線を原因とする健康被害について医師や科学者たちは警鐘を鳴 らしている。1ミリシーベルトという単位でも、放射線による発病リスクが高ま ることが証明されている。その線量以下では 放射線が影響をもたなくなるという 「しきい値」は存在しない. (1)バックグラウンド放射線だけでも健康被害の引き起こされることは疫学的に証明されている. 低線量のバックグランド 放射線で健康被害を引き起こすことは、 疫学的に 証明したバックグラウンド放射線の線量域 に 収 まっているから 無 害だとする論 拠 は、 誤 解 を 招 くものである (2)"医療診断を目的とした放射線の使用が引き起こす健康被害は疫学的に証明されている." コンピューター断層撮影(CT)また従来のエックス線検査のいずれにおいても発がんリスクの高くなることが証明されている最もよく見られるのが乳がん白血病、甲状腺がんや脳腫瘍である 小児および思春期の若者は、成人に比較してより強い影響を受ける。とり わけ影響の大きいのは、出生前の胎児である。 診断を目的としたエックス線と核医学の使用は必要最小限に留め低線量のCT機材のみを、 厳密な適応状況に限って使用し可能であれば常に超音波やMRI(核磁気共鳴画像法) を用いることが強く推奨される。例えば、乳がんの遺伝的素因を持つ女性のように、 特定の集団においては、放射線リスクはより高くなるそのようなリスクを背負った女性にはエックス線を使ったスクリーニング検査を行なわないことが推奨される。 (3) "原子力エネルギーの利用や核実験は、疫学的に証明可能な健康被害を引き起こす。" 核兵器の使用(2千回以上の核実験)や重大原子力 事故で大 量の放射性核種 が放出され広域に 拡散 し た為多 くの 住民 が高い放射線量にさらされた。 米国ネバダ州およびカザフスタンのセミパラチンスク核実験場付近又、チェ ル ノブ イリ や 福 島 原発 事故 の影響を 受 けた地域 で実 施 した 疫学調査では地域の 住民 に罹患 率 や 死亡率 が 増加 していることを明らかにしている。 原発は稼動 中でも、 周辺 地域の 住民 に 健康 被害をもたらす 居住 地が 発電 所 に 近 い 小児の 白 血 病やその 他 のが ん の発生 率 が 増加 することが認められている。 現在、最も有力な裏付けはドイツで確認されている。またスイス、フランス、 英国における研究結果も、これと一致する傾向を示している。 労働 者の癌罹 患 率 は被ばく 許容 基 準 値を守 る 場合も 一般人 よ り高い労働 者 達 の子 ど も は 一般 の子 ど も に 比べ 多 くの健康被害 を認める ウラン 鉱山核 兵器生産工場 の 労働 者 は慢 性リン パ 性白 血症率 が高いことが示されている。低線量の放射性 ヨ ウ 素の被ばくの結 果は甲状腺 が ん を 含め 甲状腺 疾患 が小児 、 思春 期 の 若 者成人 に見る 低線量の放射線はが ん 疾患を引き起こす。 髄 膜種 や その 他の良性腫瘍、 心血管系 、 脳血管系 、呼 吸器系 消 化 器系、内分泌系の疾患、精神疾患、白 内障だ。胎内で小児期 に 脳 に放射線の影響を 受 けることによって、 知 能の発 達 に 障 害が引き起こされることも 多 くの 研究によって明らかに された特 に診断用エックス線 検 査、放射線療法や原発 事故後 の被ばくが 挙げ られる。 原発事故 が発生した 後の低線量の被ばくも、 人間 、 動 物のおいて、 催 奇 性 の被害の 起こること が 証明された。人間 における 遺伝 的 影響 で二世 代目から 現 われる 何世 代かを 経 て 初め て 現 われるものもある チェルノブイリと福島の「死の地帯」で実施された、生命サイクルの速い生物を対象とした数多くの 調査は、採集地の放射線量に相関して 重篤な遺伝的欠陥の現われることを示して いる。相応の被害が人間においても. 低線量の放射線によって現われることは、 古く から知られている。世代ごとに引き継がれる、すなわち遺伝的に定着した放射線被害は、例えばチェルノブイリクビダートル (事故処理作業員)の子のこどもたちにおいて、頻繁に報告されている。その他の多くの頻繁に報告されている。その他の多くの研究も放射線よる遺伝的あるいはエピジェネティックな長期的損傷を報告している。 (4)" 集団線量の概念を用いる疫学研究に基づいて、低線量被ばくの健康リスクを確実に予測し定量化す ることが可能である。" 集団線量の概念を用いる科学的立場は放射線被害の起こる量的な確率を的確に評価できるものである。広範囲にわたる最新の臨床研究はしきい値のない直線仮説(LNT説)つまりその線量以下では電離放射線が無害になるというしきい値の存在を否定するモデルを肯定している。 集団線量という概念を用いるに際しては、科学研究の現状を考慮に入れながら、 以下のリスク係数を適用する必要がある。 発がんリスクを予測するにあたっては、死亡率についてはリスク係数0.2/Svで罹患率についてはリスク係数は0.4/Svを適用する. UNSCEAR(原 子放射線の影響に関する国連科学委員会)およびICRP(国際放射線防護委員会)は、未だに死亡率については0.05/Svだ. 罹患率については0.1 /Svという低めに設定されたリスク係数を護持している。 1方、世界保健機関(WHO)は、2013年に発表した 福島に関する報告書のなかでICRPが推奨するリスク係数を2倍にするべきであると、少なくとも認めている.上記のリスク係数は、通常の年齢分布の被ばく集団に当てはまる。しかしICRPによると、低年齢の小児(年齢10歳以下)と胎児の電離放射線への感受性は、成人よりも3倍高い.悪性でない身体的障害(非がん性疾患)、とりわけ心血管系疾患のリスクを評価する場合には、発がんリスクと 同様の係数を適用する.WHOおよび各国の放射線防護機関が、核事故後の健康リスク評価のベースとして、上記のリスク係数を採択することが推奨される。 (5)"ICRPが、未だに広島・長崎の原爆被爆者調査に基づいて低線量被ばくのリスク係数を決めているのは、時代遅れである。" ICRPなどの機関は今でも、広島・長崎で行なわれた研究調査を、 放射線による健康被害を予測する際の決定的な参照データとしている。原爆被爆者をベースにしたリスク予測は、通常よりも増加した放射線量に長期にわたってさらされている。住民に対して適用することはできない。その理由は、下記の通りである 日本の原爆被爆者が受けたのは、短時間の、貫通力のある高エネルギーのガン マ線である。放射線の生物学の研究によると、そのような 放 射線は、放射性核種の体内摂取によって起こるアルファ線やベータ線による内部被ばく、あるいは、通常の環境放射線範囲におさまる線量の、自然および人工放 射性同位体を原因とする慢性的なエックス線やガンマ線による被ばくと比較して、体内組織への損傷が少ないことが実証されている. 原爆から放出された放射線は、非常に高線量だった。その放射線はかつて、低線量の放射線に比較して変異原性が高いと考えられていた。ICRPは 現在でもこの仮定が有効であるとし、彼らの発する勧告の中では、 発がんリスクの数値を2で割っている。職業上放射線にさらされる労働者のグループを対象とした研究はこの仮定に反する結果を出して おりもはやWHOもリスク係数を二分することを正当とは見なさなくなっている.広島、長崎では、放射性降下物と中性子放射線による放射化がもたらした影響が 顕著であったにもかかわらず放射線影響研究所(RERF)はこれらを考慮に入れなかった.そのことによって、実際の放射線の効力は過小評価されることになった. RERFの調査は1950年に始まったため原爆投下後の最初の5年間の重要なデータが欠落している。このため潜伏期間の短い催奇作用や遺伝的影響、 がんの評価が不完全であることを念頭におかなければならない.原爆投下後の広島・長崎を見舞った被災状況を生き延びることができたのは、特に生命力の強い人々であったと想像できる。つまりひとつの選択されたグループ(適者生存)を形成した。 そのため調査の対象となったグループは、一般的な人口集団を代表していたとは言えない。このような選抜の働いた結果放射線リスクは約30%低く見積もられることになった。 原爆被爆者たちの多くは、社会的に迫害されていた。そういった事情から、例えば子孫の結婚や社会 復帰のチャンスを逃さないように、出身地また子孫に現われた疾患について 彼らが正直な報告を行なわないことが度々あったと考えられる。 (6)"被害を最少限に抑止する原則を厳格に適用しながら、リスクに基づいた放射線防護コンセプトを導入 する必要がある。" 電離放射線による健康リスクのうち、どの程度のものが許容可能、要求可能であるかを判断するにあたっては、被害者たちの声を含めた社会的、政治的決断が必要である。 人々を守るためには、発病リスクをできるだけ正確に評価し、わかりやすく説明しなければならない。医療 分野においては、こうした放射線防護の基準がますます取り入れられてきている。 電離放射線の危険を評価するにあたって、リスクに基づくコンセプトを導入することは、低線量の領域に おいても被害を減らすことに貢献する。リスクを最少限に抑止することは法が求める原則でもあるが、リスクに基づくコンセプトのなかで、この原則を一連の具体的対策と併用することによって、放射線によるリスクをさらに削減することが可能である。ドイツに既に存在する、発がん性危険物質に関するリスク許容コンセプトは、その基本理念からも、良い範例である。まだ誕生していない生命を守り未来世代の遺伝子を無傷のままに残すことが最大の優先事項とされなければならない。そのためには、成人をモデルとする現在の放射線防護法をさらに補完し、放射線に対してひときわ脆弱な胎児と小児に焦点を当てる必要がある。 Dr.AlexRosen医学博士小児科医。IPPNWドイツ支部理事会役員 Dr.AngelikaClaussen精神科医、IPPNWドイツ支部原子力研究会メンバ-など。

2014年7月18日金曜日

ドイツ新聞FAZ誌.福島第1原発事故3年後に日本政府は 原発を再稼動する政策に戻った。 安倍首相は,原子力規制委員会(NRA)が.川内原発1、2号機原発の再稼動を決定をさせる事に成功した. 日本政府は,日本国民の民意も無視して,原発エネルギーを重要な役割として再稼動を続けていく. 原発の問題はドイツと異なり,日本政府は,日本の国民の為に,脱原発や,原発廃止の為の政治的議論が全くしていない状態である. 日本国民が福島第1原発事故が原因で,日本政府が原発の再稼動する事に対して,非常に疑問を持ち,不信感と,怒りを感じている事を世論調査が示している. (Drei Jahre nach Fukushima Japan auf dem Weg zurück zur Kernkraft) http://www.faz.net/aktuell/wirtschaft/drei-jahre-nach-fukushima-japan-auf-dem-weg-zurueck-zur-kernkraft-13049490.html ドイツ新聞FAZ誌。2014年7月16日。 福島第1原発事故3年後に日本政府は 原発を再稼動する政策に戻った。 原子力規制委員会は九州電力川内原発1、2号機について、「新規制基準に適合している」とする審査書案を 了承した. 川内原発1、2号機は秋に再稼動させる。 多くの日本国民が原発の再稼動に反対したが日本政府は再稼動させる. 日本のエネルギー会社(九州電力)は、東アジアで、原発を再稼動させる為の状況を作った。 一年近く続いた川内原発1、2号機の安全審査で、原子力規制委員会が水曜日に九州電力川内原発1、2号機の安全審査で合格の判断を示し,審査書案を了承した。日本政府は,原発エネルギ-に戻る希望を可能にしたのである。 原子力規制委員会は川内原発1、2号機を再稼動しても安全であると説明した420ページの報告書を発表した。 昨年、政府は原発の新規制基準に適合しているか審査を行い。日本の48の原発の内19の原発の安全審査を行った,日本政府は規制委の安全審査を合格した原発から再稼働する方針を示している. 日本政府の安倍首相は、川内原発1、2号機は、秋前に再稼動させたいと述べている。 九州電力は、国民や自治体の賛成を得て、川内原発1、2号機を再稼動させる。 日本は今年の夏は全ての原子力発電所が停止されている状態で,最初の夏である。 暑い夏に電力消費が特に増大して,ガスや石油の輸入コストの上昇したと日本政府が述べている。 2011年前は原発の発電量は約30%であったが, 九州電力では50%の発電量である. 2011年以降の日本の貿易収支は赤字で、エネルギーの輸入コストが高くなり,原発を再稼動させる事が必要であると安倍首相は述べた。 しかし,日本政府が川内原発1、2号機の再稼動させても, 貿易収支の赤字を大幅に減らす事はできない. 原子力規制委員会が水曜日に九州電力川内原発1、2号機の安全審査で合格の判断を示し,再稼動を了承した事に反対した日本国民は政府と九州電力と原子力規制委員会に対して「恥を知れ」と東京で大抗議をしたと地域のメディアが報道している. 菅義偉官房長官は川内原発1、2号機の再稼動の決定にに対して非常に満足している. 菅義偉官房長官は日本政府が世界で原子力発電をリードして行く事を改めて表明した。 しかし、日本国民が福島第1原発事故が原因で,日本政府が原発の再稼動する事に対して,非常に疑問を持ち,不信感と,怒りを感じている事を世論調査が示している. 欧州では,国民達が危険な原発は必要でなく、再稼動を拒否する政治運動を起こし原子力発電の廃止や停止を成功させたが,欧州と異なり日本では,原子力発電の廃止の政治運動は困難な状態であり,成功もしていない. 日本政府は川内原発1、2号機の再稼動の決定に対して日本国民が政府に対して政治的抵抗はし無いと考えている. 日本政府は原発の再稼動させる為に川内原発1、2号機原発を,第1候補にあげていた. 原子力規制委員会が,地震や津波が起きた場合の安全性に​​疑問を持っているが, 九州電力は津波や地震の為に大規模な工事をおこない,解決していくと述べている. 日本政府は世界で最も厳しい,原発の新規制基準を2013年7月に作成した. 原子力規制委員会は,政府から真に独立した規制機関になり,損傷した福島第1原発の収支の為に支援を行ない批判もしていかなければならない. 安倍首相は,原子力規制委員会(NRA)が.川内原発1、2号機原発の再稼動を決定をさせる事に成功した. 安倍首相は福島第1原発事故三年後に日本の原発の再稼動を続けていく事を示したのである. 日本政府は,日本国民の民意も無視して,原発エネルギーを重要な役割として再稼動を続けていく事になる. 前政権は脱原発の為に動こうとしたが日本は現在,この脱原発の行動は少なくなった. 福島第一原発事故により,健康影響が福島の地域の子供達に出ている状態である. 原発の問題はドイツと異なり,日本政府は,日本の国民の為に,脱原発や原発廃止をしていく為の政治的議論を全くしていない状態である. (EMI.KIYOMIZU訳)

2014年7月13日日曜日

ドイツ新聞TAZ誌。福島第1原発事故で働く労働者達の子供達は学校で差別を受けている. 東京電力は、福島第1原発事故で,多くの従業員が退職して経営が危機の状態になった。 福島第1原発事故に対して東電は不十分な対応しかしていない事と無責任な対応で日本国民が怒り、 日本国内の世論が原発産業に対して批判が起こり、東京電力は日本国民とって最大の侮辱になった。 福島第1原発事故で働く労働者達は子供達の放射線の健康被害を非常に心配している。 労働者達は, 福島第1原発で働いている事も隠している.レストランに入る事も拒絶された事もあり,彼らは恐怖で生きている.子供たちが数十回も学校で差別を受けている. 日本政府が福島第1原発事故後に東京電力を日本国民の税金で財政支援をした. 福島の子供達は日本政府に棄民されたのである.そして,日本政府は国民の民意を無視して原発の再稼動を始めようとしている. (Fukushima-Betreiber in der Krise.Tepco laufen die Angestellten davon) http://www.taz.de/Fukushima-Betreiber-in-der-Krise/!142228/ ドイツ新聞TAZ誌。2014年7月11日の記事. 福島第1原発事故で働く労働者達の子供達は学校で差別を受けている. 東京電力は、福島第1原発事故で,多くの従業員が退職して経営が危機の状態になった。 2011年に福島第1原発事故後、3000人の労働者達が東京電力を退職した. 大きな理由は、東京電力が従業員の給料を削減した事と福島第1原発で働く事は放射線による健康のリスクも高い事と東電に悪い評判が立った事も大きな原因である. 以前は、東京電力の技術者達や従業員達は、東電に対し生涯にわたり勤務することを忠誠した.日本の企業文化の典型的なシステムであった​​。しかし、福島第1原発事故を起した為このシステムは変更した。 福島第1原発事故に対して東電は不十分な対応しかしていない事と無責任な対応で日本国民が怒り、 日本国内の世論が原発産業に対して批判が起こり、東京電力は日本国民とって最大の侮辱になった。 福島第1原発事故以前のは134人の従業員が会社を退職した。福島第1原発事故後は 465人が退職して、その後も続いて712人が退職した、70%が40歳未満であった​​。 東電は今年初めて希望退職の為の計画を作り、1千人の希望退職者を希望したが、 希望退職者は1151人になった。約35,700の人々はまだ東京電力で勤務している。 福島第1原発事故を起こした東電は財務状態も悪化しており、東京電力が従業員達の給料を削減したり、福島第1原発から汚染水の漏れも継続しておこった問題等で、 東京電力は無能で無責任である事が会社のイメージを悪くした。 誰も東京電力で働く事を希望しない。2012年に福島第1原発を退職した吉川明弘さんは原発で働く事は、社会的にも大きな不名誉であると話した。 "福島第1原発事故で働く労働者達の子供達は学校で差別を受けている" 福島第1原発で働く労働者達の多くは、福島第1原発事故の被災者達であり,避難区域の自宅に帰宅できない状態である. 福島第1原発事故で働く労働者達は子供達の放射線の健康被害を非常に心配している。 労働者達は, 福島第1原発で働いている事も隠している. レストランに入る事も拒絶された事もあり,彼らは恐怖で生きている. 子供たちが数十回も学校で差別を受けていると政府の報告書で指摘されている. ロンドンに本拠を置くエネルギー業界で専門の人材派遣会社の支社長、ショーン·トラヴァース氏は、 日本の原発で勤務する労働者達は多くの知識と経験をもっておりエネルギー分野で非常に必要とされているので.東京電力の社員達を雇用したいと希望している. 又.日本は、自然エネルギーを拡大する予定をしており,日本政府は補助金を出して自然エネルギー業界を支援している. 太陽熱は、1キロワット当たり日本政府が32円支払うと述べた. 東京電力の労働者達はエネルギー部門で非常に優れた知識を持っており,よく訓練もされている 非常に魅力的な人材でありエネルギー業界内で必要とされているとトラバース氏は述べた. 吉川さんは、自然エネルギー会社からいくつもの採用がきた 東電で稼いだ年俸300万円より良い給料であると話した. 2012年9月以来、東京電力の管理者達は30%の給料が削減された. 正規の労働者達は給料の20パーセント削減した. しかし、昨年、東京電力は5000人の管理者達が退職しない為にボーナスを10万円以上支払った. 福島第1原発の廃炉の為に働く労働者達が退職しない為に,給料の7%だけを今月から減少した。 東電は継続的な財政問題が続いている. 東電のスポークスマン佐々木原氏は,福島第1原発の収支と廃炉の為に熟練した労働者が必要である と話した. 日本政府が福島第1原発事故後に東京電力を日本国民の税金で財政支援をした. 福島の子供達は日本政府に棄民されたのである.そして,日本政府は国民の民意を無視して原発の再稼動を始めようとしている. 福島第1原発事故で近辺に住む数千人の被災者達は自分の家を放棄しなければならない状態にされた.これらの被災者達に東電は保障もこの先数年もしていかなければならない. 東電の状況を考えると、東電の社員達は,他の仕事を探す事をしていかなければならないと東京海洋大学の原子力工学の高木直之教授は述べた. 日本の原子力産業は最盛期は,宇宙産業と同じ様に,膨大な権力と金銭力を持ち続けていた. 東京電力に2008年の採用された高木教授は,福島第1原発事故後新入生の採用も減少した. 東京電力に,日本国民が憎悪しているので, 今後数年間人材不足がさらに悪化する事になると高木教授は述べた. (EMI.KIYOMIZU訳)

2014年7月7日月曜日

日本のスイス大使館が公開した画像は、福島の溶融燃料は地下深くにあると示している (ENE NEWS) http://www.asyura2.com/13/genpatu35/msg/866.html スイスの日本の大使館が公開した画像は、福島の溶融燃料は地下深くにあると示している 日本のスイス大使館からの放射性汚染水漏洩(更新)、科学技術局 東京(PDF)、2013年12月: http://www.stofficetokyo.ch/reports/201312_Contaminated_Water.pdf  

2014年7月4日金曜日

日本政府は平和憲法(憲法9条)を改定して憲法解釈を変更を閣議決定して,集団的自衛権の行使を容認した.日本の自衛隊が海外で戦争に参加する事ができる権利を得た。 日本の多くの国民は,平和憲法を改定した解釈憲法に大反対して, 月曜日に、数万人の日本国民が、東京で大デモを行った.日曜日に新宿で,一人の男性が安倍政権に対して,集団的自衛権に反対してガソリンで火をつけ焼身自殺して抗議した.世界の国の中で、日本政府は米国に従属しており、米国政府は、日本政府の解釈憲法の決定を歓迎している。 日本政府が,解釈憲法の決定を承認した事で,中国政府に対して大きな刺激を与えた。 中国政府は太平洋地域において、強い権力を持つ為に戦いをしている状態である. ( Reform der pazifistischen Verfassung: Japans Militär bekommt das Recht zu Auslandseinsätzen) http://www.spiegel.de/politik/ausland/japans-regierung-plant-groessere-rolle-des-militaers-a-978456.html ドイツ新聞.SPIEGEL紙の記事。2014年7月1日の記事. 日本政府は平和憲法(憲法9条)を改定して憲法解釈を変更を閣議決定して,集団的自衛権の行使を容認した.日本の自衛隊が海外で戦争に参加する事ができる権利を得た。 自民党が平和憲法を改定して憲法解釈を閣議決定して承認した。集団的自衛権が容認され 日本の自衛隊が海外の軍事戦争に参加することができるようにした。多くの日本国民が憲法解釈と集団的自衛権に反対して東京で大抗議をした。 日本は第二次世界大戦後以来、日本の国の安全保障政策の大転換に直面した。 日本の自民党は平和憲法を改定する憲法解釈を決定して承認したのである。 日本政府は集団的自衛権を決定して、日本の国が直接攻撃されない場合でも、日本は同盟国の紛争に参加でき戦う事ができるようにした。 これ迄日本の軍隊は第二次世界大戦後に導入された平和憲法(憲法第9条)で国際軍事紛争に参加する事は認められていなかった。 憲法第9条は国連において、唯一の平和を維持する憲法であった。 (日本国憲法 第9条は日本国憲法の条文の一つで、平和主義を規定しており憲法の第2章で戦争の放棄を構成する。憲法第9条第1項の内容である戦争の放棄と憲法第9条第2項前段の内容である戦力の不保持、憲法第9条第2項後段の内容である交戦権の否認の3つの規範的要素から構成されている) 日本政府の平和憲法改定に反対して日本国民が東京で、大抗議を行なった。 安倍首相は。アジア太平洋地域内の安全保障環境を整える為に、日本は平和憲法を改定して憲法解釈を変更することは必要である、日本が外国の戦争に参加する事ができる為に、集団的自衛権を推進する考えを強調した。 日本の多くの国民は,平和憲法を改定した解釈憲法に大反対して, 月曜日に、数万人の日本国民が、東京で大デモを行った.日曜日に新宿で,一人の男性が安倍政権に対して,集団的自衛権に反対してガソリンで火をつけ焼身自殺して抗議した. 世界の国の中で、日本政府は米国に従属しており、米国政府は、日本政府の解釈憲法の決定を歓迎している。 日本政府が,解釈憲法の決定を承認した事で,中国政府に対して大きな刺激を与えた。 中国政府は太平洋地域において、強い権力を持つ為に戦いをしている状態である. (EMI.KIYOMIZU訳)

2014年7月1日火曜日

ドイツ新聞,FAZ紙.2014年6月29日の記事. 日本政府の安倍首相は,日本の平和憲法を放棄 した. 日本の安倍首相に対して集団的自衛権に反対して1人の男性が自分自身が焼身自殺を行ない抗議した 安倍は中国政府の政治的な重要方針は,軍事力を強化することである,その為に日本も軍事力を強化しなければならないと,述べた. 憲法9条を変更させるために自民党は他の政党にも要請した.安倍首相は将来海外で日本の軍隊が戦争に参加することができるように動いている. 安倍首相は火曜日に、自民党が憲法9条を変更させるため別の憲法解釈を決定した. 集団的自衛権の行使の本質は他国の戦争に日本が加わることである. 広島長崎の原爆を経験をした日本は反省もなく,ファシズムに動き始めた. (Abes Abkehr vom Pazifismus) http://www.faz.net/aktuell/politik/ausland/asien/japan-protestiert-abes-abkehr-vom-pazifismus-13017169.html ドイツ新聞,FAZ紙.2014年6月29日の記事. 日本政府の安倍首相は,日本の平和憲法を放棄 した. 日本の安倍首相に対して集団的自衛権に反対し抗議する為1人の男性が焼身自殺を行ない抗議した. 男は新宿駅南口の歩道橋の上に登り,メガホンを持ち,ガソリンで自分の体を燃やすと抗議した. 男性は自分が犠牲になり自民党の設立しようとしている集団的自衛権に対して反対して抗議した. ガソリン を二つの大きなペットボトルにいれて警察員と消防士達が手すりから彼の行動を妨げようとしたがガソリンを 浴びて火をつけ,自分自身で体を燃やそうとした。男は病院に運ばれ入院したが 重度のやけどを負った. 男性は自分自身が自己犠牲になり,日本の新たな軍事力政策に対して最も劇的な抗議をおこなった. 戦後,日本は憲法9条を義務づけたが,憲法9条を変更させるために自民党は他の政党にも要請した.安倍首相は将来海外で日本の軍隊が戦争に参加することができるように動いている. 安倍首相は火曜日に、自民党が憲法9条を変更させるため別の憲法解釈を決定した. 国連が戦争をする任務を可能にする為に,日本は憲法解釈をする必要があると安倍氏は述べた. 北朝鮮が核兵器を作り,テロやインタ-ネットテロから攻撃を受ける脅威があり答えを見つけなければならない 現実を知ることを拒否する事はできないと述べた. 安倍は中国政府の政治的な重要方針は,軍事力を強化することである,その為に日本も軍事力を強化しなければならないと,述べた. アジア太平洋経済協力(APEC)諸国とアジアの諸国とG7は日本政府を支援している,その理由は,日本政府が国際法を支持しているからである. ドイツの国会議会では,外国での戦争に反対する事ができるが,日本の国会では戦争に反対する事はできない状態である. "日本では,多くの老人達が 自民党の政治政策を,非常に懸念している状態である." 日本では多くの老人達が 1945年後に成立された憲法9条で,平和主義の精神を持っており,現在も残酷な戦争の記憶がまだ生き残っており,日本政府の現在の政治政策に対して,強い懸念を持っ状態だ. 日曜日に新宿で男性はカバンにガソリンを入れて運び,自分で火をつけた.警察の報道によると、50歳か60歳の年齢である。男性は自民党の安倍首相に対して集団的自衛権に反対して、抗議したのである. 警察は夕方に男性自身が犠牲になり,集団的自衛権に対して,抗議した男性の,焼身自殺の理由はまだ調査していないと述べた。 日本で1960年代や1970年代に多くの国民達が,ベトナム戦争で米国に対して,日本政府が軍事協力をした事に反対して抗議した. 日本政府の政治政策に対して抗議した思い出が生き残り続けているのである. 日本の安倍首相に対して集団的自衛権に反対して1人の男性が自分自身が焼身自殺を行ない抗議したというメッセージや写真がTwitterのソーシャルメディアを通じて広く拡散された後に. 日本のメディアは日曜日に,かなり遅くになってからこの事件について報道した. 朝日新聞の調査で,日本国民の過半数の67%がが平和主義を放棄する憲法解釈を成立することに拒否している 自民党の経済政策や軍事政策,原発政策に対して,国民の指示は以前より50%から43パーセント減少した. 日本で,現在迄に139の市町村の議会が自民党の憲法解釈に反対して批判している. 自民党の事務局は,日本政府の政治政策に対して地元の抗議が多数起こったことは今までにない事だと発表した. 多くの自民党議員は、地方の自治体で社会民主党や共産党が戦争反対の抗議をした事を支持してきた。 自民党が過半数を獲得したのは共産党や社会民主党の戦争反対の抗議を民主党が支援した結果である . 私は戦争に反対の為に戦争反対の賛成票を投じてきたと青森県の自民党の政治家山本晴夫は述べた. 安倍首相は国会で,憲法解釈変更(憲法9条の趣旨を根幹から替える憲法解釈変更である)について,十分に議論していないと自民党の政治家山本氏は批判した。 集団的自衛権の行使の本質は他国の戦争に日本が加わることである. 広島長崎の原爆を経験をした日本政府は反省もなく,ファシズムに動き始めた. (EMI.KIYOMIZU訳.)

2014年6月6日金曜日

IPPNWドイツ支部から.福島第1原発事故による放射腺の影響で今後数十年間に,1千人の人達が甲状腺癌になり,4300人から16800人が他の癌になると思うとIPPNWの医師達は報告した. 福島第1原発事故の健康への影響を調査した国連科学委員会の報告書を,詳細に分析した結果,国連科学委員会UNSCEARは,福島第1原発事故で,放射腺による健康への影響を体系的に軽視して.過小評価している.数万人の家族達が福島第1原発事故による恐ろしい健康影響の結果がでているが,UNSCEARは統計だけ書くだけで.福島の被災者達が健康被害で,精神的に受ける非常な悲しみや苦しみを無視しているとローゼン博士は述べた. (Zahl bisher entdeckter Schilddrüsenkrebsfälle ist hoch) http://www.ippnw.de/startseite/artikel/710da4c1bf5cf76cb6071456f2c89365/zahl-bisher-entdeckter-schilddruesen.html IPPNWドイツ支部から.(2014年6月6日の記事) 福島第1原発事故による放射腺の影響で,今後数十年間に,1千人の人達が甲状腺癌になり,4300人から16800人が他の癌になると思うとIPPNWの医師達は報告した. 現在迄の福島の子供達の健康検査結果で,甲状腺癌になった子供達が非常に多い状態である. UNSCEARの報告書に対してIPPNWの医師達は詳細な分析をした. 福島県で甲状腺癌になった子供達が50人も手術が行われている. これは2014年5月19日に福島県健康管理局が報告している. 続いて39人の子供達も、甲状腺癌になる疑いがあると検査結果を報告しているこの子供達も,甲状腺癌の手術をする必要がある. 現在までに福島第1原発事故による,健康の影響を受けた子供たちの内78パーセントの 子供達の検査結果が報告され,最初の検査で約40人の子供達が甲状腺癌になる疑いがあると報告されているが甲状腺癌になる数は上昇し続けると思われる. 日本で,子供が甲状腺癌になる統計は、年間で甲状腺癌になるのは通常1人以下の発生率であると示している。 IPPNWの医師達は福島第1原発事故で,福島の子供達の放射腺による健康影響を非常に心配している。 福島第1原発事故の健康への影響を調査した国連科学委員会の報告書を,詳細に分析した結果,国連科学委員会UNSCEARは,福島第1原発事故で,放射腺による健康への影響を体系的に軽視して.過小評価している. UNSCEARの報告書に基づいて,計算すると,福島第1原発事故で放出した放射線降下量で,今後数十年間に,1千人の人達が甲状腺癌になり,4300人から16800人が他の癌になると思うとIPPNWの医師達は報告している. IPPNWドイツ支部のアレックス·ローゼン博士は,データを基礎としてUNSCEARの報告書を分析した,UNSCEARは福島第1原発事故の放射腺による健康への影響を体系的に軽視して,過小評価していると指摘した. (1).UNSCEARの報告書に記載した福島第1原発事故の放射腺放出量は疑問である. (2)内部被曝の放射線量に対して大きな疑問がある。 (3)福島原発で働く労働者に対して,信頼できる,放射腺量が計算されていない. (4)UNSCEARの報告書は、動物や植物の放射線の影響を無視している.胎児は放射腺に対して敏感であり,受ける放射線の影響も考慮していない. (5) 非癌疾病や遺伝的影響は、UNSCEARは無視している. (6) 自然界の放射線量と福島第1原発事故で放出した放射腺降下量の比較はしていけない. (7)UNSCEARが利用したデータは疑問である. (8)福島当局は住民に対して,原発事故防護対策について間違った事を示している. (9)福島の人達が被曝した放射腺量の結果が示されていない。 UNSCEARは,多数の住民や福島第1原発の労働者達が福島第1原発事故による,健康への影響はない,放射線が原因でないと報告している. アレックス·ローゼン博士は,1人の人が癌になり,癌の原因はどこから来ているか言うことは困難である,しかし,現在迄に,福島県で甲状腺癌になった子供達が非常に多い状態であり,健康への影響はないと言う事は,不可能であると述べた. 数万人の家族達が福島第1原発事故による恐ろしい健康影響の結果がでているが,UNSCEARは統計だけ書くだけで.福島の被災者達が健康被害で,精神的に受ける非常な悲しみや苦しみを無視しているとローゼン博士は述べた. 動画.福島第1原発事故の放射腺による健康への影響のUNSCEARの報告書に対してのアレックス·ローゼン博士の批判. https://www.youtube.com/watch?v=MJOP0vJmeWA&list=UUJJBri83mh1gonZCYa7XEmg  (EMI.KIYOMIZU訳)

2014年5月31日土曜日

IPPNWドイツ支部から。福島第1原発事故による健康への影響をUNSCEARは報告書で,過小評価し隠蔽した。 (Vertuschung von gesundheitlichen Folgen der Atomkatastrophe) http://www.ippnw.de/startseite/artikel/f7d6f68152/vertuschung-von-gesundheitlichen-fol.html 福島第1原発事故による健康への影響をUNSCEARは報告書で,過小評価し隠蔽した。 国連科学委員会UNSCEARの放射線の影響に関する今日の報告書は福島第1原発事故による健康への影響を体系的に過小評価し隠蔽した。 UNSCEARは、福島第1原発事故による放射線被曝で起こる将来の癌の発生率は予想できないというUNSCEARの300ページの最終報告書に対してIPPNWのドイツ支部の医師達は追加される数万の癌疾病数をUNSCEARは計算に入れてないと批判した. 日本国民の癌になる数は、 すでに高い状態で、放射線被曝の因果関係を説明できないようにしている. 癌になる原因を明確にしないという事実は、 原子力業界とUNSCEARが放射線による健康への影響の因果関係を明らかに否定しようとしているのである. 長い間タバコ業界やアスベスト業界で知られているように歴史は繰り返されている. チェルノブイリ原発事故後、汚染地域に住む人々に対して,健康リスクは、隠蔽され,矮小化し、秘密にされたとIPPNWの副会長、アレックス·ローゼン博士は批判した。 UNSCEARのメンバー達は、国際原子力機関IAEA や東京電力や日本の原子力当局の報道を本質的に支持して,独立した中立の研究機関の報告は無視して報告したとIPPNWは批判した。 IAEA は原発エネルギーを世界に推進する事を要請した組織である. IAEAは報告書で,日本の独立した組織が放射腺食品サンプルを検査して高い線量を検出したが無視している. 独立した研究所によって計算された高い放射線総放出量を考慮しないで,代わりに日本原子力研究開発機構の放射線総放出量を使用したのである。 原発労働者の被曝量検査は、ほとんど東京電力が直接おこなっており、 労働者達の被曝量の操作が行われ、多数の報告は疑問だらけである. 福島県の子供達の47%が甲状線の結節やのう胞が発見された. 33人が甲状腺癌であると医者から診断され、甲状腺を除去する手術をしなければならなかった。 更に42人の子供達が急性癌になる疑いもある。 この状態は福島第1原発事故が起きる前は,子供達の甲状腺癌の発生率は10万人に対して 甲状腺癌の発生率は年間0.35 人であったが,現在は,10万人の子供達に対して甲状腺癌の発生率は13人になっており, 福島の子供達の甲状腺癌の発生数は驚くほど高い状態になっている 放射線はどんなに小量でも癌になる危険性が増加するが議論されていない。 UNSCEARは福島第1原発事故による健康へのリスクについて福島の被災者達に説明しないで、 疑問である報告をした. 原発業界を有利にする為にUNSCEARは,日本の放射腺食品サンプルを特別に選び,少ない放射線量を報告して福島の人達に健康影響は出ないと報告したのである. Alex Rosen博士 の福島第1原発事故による健康への影響をUNSCEARは報告書で過小評価し隠蔽している。 のVIDEOを見てください. http://youtu.be/MJOP0vJmeWA

2014年5月25日日曜日

ドイツ新聞.FOCUS紙(2014年5月21日の記事)日本の福井地裁が大飯原発の再稼働の運転差し止めを命じる判決‏をした. 福井地裁が関西電力大飯原発3、4号機の再稼働に対して運転差し止めを関電側に命じた。日本の反原発の市民達は勝利を獲得したのである。 大飯原発3、4号機をめぐって、近畿の住民達が再稼働させないよう求めた仮処分の申し立てで、大阪高裁が9日、「原子力規制委員会の結論より前に、裁判所が稼働を差し止める判断を出すのは相当ではない」などとして却下していた。この大阪高裁の却下は、日本の市民に対して、原発事故の危険性を考慮せず,無視して、間違った判断である 日本は48機の原発があるが、原発の定期検査を行った後、日本政府は、福島第1原発事故に対する反省もなく、日本政府は再稼動をおこなうとしている。 (Japanisches Gericht blockt Wiederanfahren von Atomkraftwerk) http://www.focus.de/finanzen/news/wirtschaftsticker/konjunktur-japanisches-gericht-blockt-wiederanfahren-von-atomkraftwerk_id_3860844.html 日本の福井地裁が大飯原発の再稼働の運転差し止めを命じる判決‏をした 福井地裁が関西電力大飯原発3、4号機の再稼働に対して運転差し止めを関電側に命じた。日本の反原発の市民達は勝利を獲得したのである。 3年前に福島で悲惨な原発事故が起きて以来初めて、水曜日に189人の日本の市民達が大飯原発3、4号機の再稼働に対し、反対して福井地裁に訴訟をおこない,福井地裁が大飯原発3、4号機の再稼働に対して運転差し止めを関電側に命じた。 訴訟した住民達189人は、大飯原発の4つ原子炉の内2 つの原子炉は安全性が保証されていないのに再稼動をした事に対し反対していた。 福島原発事故を起こした東京電力は、汚染水をこれ以上保管出来ない為、汚染水を数百トンを海に放出する事を始めた。 大飯原発の3、4号機は昨年9月に定期検査のため運転を停止していたが、関電は再稼働に向け原子力規制委員会に審査を申請して再稼動を始めた。 日本は48機の原発があるが、原発の定期検査を行った後、日本政府は、福島第1原発事故に対する反省もなく、日本政府は再稼動をおこなうとしている。 原子力規制委員会は、大飯原発の3、4号機の厳しい定期検査を行い、再度,再稼動をさせようとしている. 大飯原発3、4号機をめぐって、近畿の住民達が再稼働させないよう求めた仮処分の申し立てで、大阪高裁が9日、「原子力規制委員会の結論より前に、裁判所が稼働を差し止める判断を出すのは相当ではない」などとして却下していた。この大阪高裁の却下は、日本の市民に対して、原発事故の危険性を考慮せず,無視して、間違った判断であると言える。 日本政府はできるだけ早く原発の再稼動させたいと考えているが 新規制基準に基づく安全審査を十分に満たす必要がある。 福井だけで14機の原発があり、地震が他の県より、多く起こる危険性がある。 3年前に地震と津波で福島第1原発事故が起こり、福島第1原発は破損した。 東電は,1号機から四号機の地下水と,溶解した核燃料棒を冷却する水が混合しない為と,原子炉建屋内に地下水が流出させない為に560トンの地下水を太平洋に放出した.この事は、福島第1原発の最大の重要な問題である。 東京電力は、汚染水の放射線値は規定値以下であると保証している。 東電は原子炉の建屋にはひび割れがあり、そのひび割れから、毎日400トン地下水が原子炉建屋内に 流出している。この1部分は、常に太平洋に流出している。 東電は,この地下水と汚染水の数億リッタ-を原子炉からタンクに回送し,放射腺除染を行ない,原子炉に再度戻す方法をおこなっているが放射線を除去するシステムは、常に問題が起きて、火曜日以来停止した状態である。 東電は,汚染水タンクの金を節約する為に,安価なタンクを作り,タンクに穴があき,過去に、繰り返し汚染水が漏れていた。 東電は地下水を太平洋に放出したので、地下水は100トンに減少した。冷遮水壁を設置して,地下水が原子炉に流出するのを止め様としている。 (EMI.KIYOMIZU訳)

2014年5月18日日曜日

"ドイツARTEテレビの報道。福島第1原発の周辺の町は福島第1原発事故の放射腺の影響で、死の町になった。" 福島第1原発事故後、福島第1原発の周辺にある避難地域は, 何十年も住めない状態になったが、日本政府は除染を行ない福島へ,被災者達を戻したいと望んでいる。 福島の被災者達は福島第1原発事故の影響で、家を失いコンテナの仮説住宅に避難させられ、辛抱させられ、 癌になる恐怖を持ち、家庭問題や、仕事も失い苦しみで生きている状態である。 ドイツARTEテレビは、福島第1原発事故で福島が死の町になり、原発事故の放射線で私たちの未来が変えられ、世界の国も放射腺の影響を受けている(土壌汚染や海の汚染,食物の汚染,人間の健康被害等)事をドキュメントビデオで示した。日本政府は福島第1原発事故の健康影響を過小評価して,日本政府のしている事は無責任で子供の遊びと同じ事をしている. http://www.arte.tv/guide/de/050299-003/geisterstadte-4-5 ドイツARTEテレビの報道。(2014年5月15日の報道) "福島第1原発の周辺の町は福島第1原発事故の放射腺の影響で、死の町になった。" ドイツARTEテレビは、福島の死の町をドキュメンタリーで制作する為に,約3万キロも旅をした. ドイツARTEテレビはドキュメンタリーで,福島第1原発事故の放射腺の影響で,福島県の避難地域は死の町になり, 高い放射線線で何十年も人間が住めない危険な状態になり, 福島第1原発周辺の避難地域の住民達は放射線による健康被害に脅え、苦しみで生きていかなければならないと報道した。 福島第1原発事故後、福島第1原発の周辺にある避難地域は, 何十年も住めない状態になったが、日本政府は除染を行ない福島へ,被災者達を戻したいと望んでいる。 福島の被災者達は福島第1原発事故の影響で、家を失いコンテナの仮説住宅に避難させられ、辛抱させられ、 癌になる恐怖を持ち、家庭問題や、仕事も失い苦しみで生きている状態である。 ドイツARTEテレビは、福島第1原発事故で福島が死の町になり、原発事故の放射線で私たちの未来が変えられ、世界の国も放射腺の影響を受けている(土壌汚染や海の汚染,食物の汚染,人間の健康被害等)事をドキュメントビデオで示した。 世界で都市化の動きが起こり、経済大国である米国は、Detroitの街が破産し、一方では、 中国の経済力が強化され、上海は経済力のある大都市になった。 ドイツARTEテレビは、原発事故が私たちの未来を変えられ、世界の国も放射腺の影響を受け,私達は,人間の生命を奪う危険な原発について、真剣に考えていかなければならないと示している。 "ドイツARTEテレビのドキュメントビデオの内容。" 福島第1原発事故の影響で福島第1原発の周辺の町は死の町になった。 日本政府は福島第1原発事故の健康影響を過小評価して,日本政府のしている事は無責任で,子供の遊びと同じ事をしている. この福島県の死の町は、人間が、誰も住めない状態になった。 福島県伊達郡川俣町の山木屋村から避難した安藤さんは、月に2回だけ自分の家に帰宅する.月に60時間だけ家に滞在できる状態だ. 安藤さんは余りにも高い放射線量で強制避難しなければならなかった。 安藤さんは、ドイツARTEテレビの取材者達に彼の家を見せてくれた. 50歳の安倍さんの家は福島第1原発事故が起きた当時の状態のままで放置されている。 時計も止まった状態である。事故前は野菜を栽培していたが2度と自分の家に帰れない状態になった。 父親は趣味で仏の像を集めていた。 現在も高い放射線量で,放射線がなくなるまで4,5年かかると福島当局はいうが、もっとかかると私は,確信したと安藤さんはARTEテレビに話してくれた。 (ドイツARTEテレビの福島第1原発事故の放射線の影響で福島の町は死の町になったのドキュメンタリ-動画.Geisterstädte (4/5) Japan: Die Todeszone rund um Fukushima (arte 2014 ) ) (EMI.KIYOMIZU訳)

2014年5月15日木曜日

ベルリンの反原発団体から. ベルリンで日本の安倍首相のドイツ政府訪問に対し日本国民や,ドイツの市民やドイツの反原発活動家達50人が日本政府の原発エネルギー推進政策に怒って,大抗議のデモをおこなった. ➀福島第1原発事故が起こったにもかかわらず、自民党は,原発エネルギーを推進していこうとしている. 日本製の最も安全な原発を海外に輸出していき,安倍首相は,原発エネルギー政策を推進していく事を主張した. ②安倍首相は,日本が再び戦争を始めることができるように日本の平和憲法を変えようとしている。 彼は特定秘密保護法案を12月6日に成立させ,日本のマスコミが福島第1原発事故の真実の報道ができなくなり,日本のマスコミの報道の自由をより困難にし,破壊しようとしている. ➂.安倍首相は日本の戦争犯罪を認めず,靖国神社を訪問した。特に中国や韓国,東アジアの人々の心を傷つけた. 安倍首相は日本の教育政策において,教育の自由を制限して,これも,安倍政権の政治政策の一つだ. 安倍首相(自民党)の政治政策は、日本の民主主義と日本国民の自由を危険にさらそうとしている. 安倍首相(自民党)の政治政策は、東アジア地域を不安定にし、危険にさらし,地球上の人類と自然を危険にさらし,破壊しようとしている. (Nachtrag: Proteste beim Besuch des japanischen Premierminister in Berlin) http://www.antiatomberlin.de/aktionen/aktionstexte/756-nachtrag-proteste-beim-besuch-des-japanischen-premierminister-in-berlin.html ベルリンの反原発団体から. ベルリンで日本の安倍首相のドイツ政府訪問に対し日本国民や,ドイツの市民やドイツの反原発活動家達50人が日本政府の原発エネルギー推進政策に怒って,大抗議のデモをおこなった. 日本の安倍首相はドイツ政府のメルケル首相を4月14日に訪問した. ウクライナの危機の時期に,日本政府の安倍首相がおこなう,原発エネルギー推進政策に抗議した. 安倍首相は,ドイツ政府のメルケル首相と会談し,エネルギー政策は日本で最も重要点であり,エネルギー分野で協力をしていきたいとドイツ政府に要請した. 福島原発事故が起こったにもかかわらず、日本政府は、原発エネルギーに戻り、原発を推進させる態度である. 約1週間前、日本政府が再び原発再稼動を行なうと宣言し,新しい原発も建設すると発表した。 自然エネルギーの為の計画もおこなわず,安倍首相は、長期的なエネルギー源として原発エネルギーと石炭エネルギー計画に変更した. 安倍首相の抗議デモの為.首相官邸前で行うコンサ-トは停止された. ベルリンの首相官邸前で,日本の反原発活動家とドイツの反原発活動家達50人がプラカ-ドや旗を手に持ち,日本の原発エネルギー政策に反対し,原発エネルギーはいらない.原発は要らない,原発は廃止だ,と日本政府の原発エネルギー政策に大抗議した. 日本の反原発活動家の女性は,親愛なるドイツの市民の皆さん,お会いできて喜びです。 我々は日本の安倍首相がベルリンのドイツ政府を訪問する事を4月中旬に知り,我々は緊急に,日本政府の原発エネルギー政策に反対の行動しなければならないと思った,私たちは、安倍首相の辞任を要求する為に今日ベルリンに来たとドイツ市民に訴えた. ➀福島第1原発事故が起こったにもかかわらず、自民党は,原発エネルギーを推進していこうとしている. 日本製の最も安全な原発を海外に輸出していき,安倍首相は,原発エネルギー政策を推進していく事を主張した. ②安倍首相は,日本が再び戦争を始めることができるように日本の平和憲法を変えようとしている。 彼は特定秘密保護法案を12月6日に成立させ,日本のマスコミが福島第1原発事故の真実の報道ができなくなり,日本のマスコミの報道の自由をより困難にし,破壊しようとしている. ➂.安倍首相は日本の戦争犯罪を認めず,靖国神社を訪問した。特に中国や韓国,東アジアの人々の心を傷つけた. 安倍首相は日本の教育政策において,教育の自由を制限して,これも,安倍政権の政治政策の一つだ. 安倍首相(自民党)の政治政策は、日本の民主主義と日本国民の自由を危険にさらそうとしている. 安倍首相(自民党)の政治政策は、東アジア地域を不安定にし、危険にさらし,地球上の人類と自然を危険にさらし,破壊しようとしている. 安倍首相(自民党)の政治政策や原発エネルギー推進政策を止める為,日本国民はドイツ国民と供に一緒に戦い,声を上げ続けていかなければならない. ベルリンの,首相官邸前で安倍首相に対する抗議デモは,日本国民や,ドイツの市民やドイツの反原発活動家達50人が参加して,午後の1時迄,安倍首相の原発エネルギー推進政策に対して,抗議デモが続いた. (PS.写真も見て下さい.)(EMI.KIYOMIZU訳) (Japanische, deutsche und andere Anti-AtomAktivisten empfingen den japanischen Premierminister Abe mit den Forderungen "No Nukes ) ドイツの活動家達とベルリンに来た日本の人達と一緒にドイツ政府を訪問をした安倍首相に対して原発エネルギー推進政策は 早急に廃止せよ!再稼動反対,核兵器反対と抗議した!この動画を見てください!私の仲間のドイツの反原発活動達は福島の子供達の生命を守らない自民党に対 し福島の子どもたちを棄民した安倍首相に対し,激怒しています!絶対に自民党を許せない!ベルリンのデモの動画です!
ドイツの反原発活動達とベルリンに来た日本の人達と一緒にドイツ訪問をした安倍首相に対して原発は 早急に廃止せよ!再稼動反対,核兵器反対と抗議した!この動画を見てください!私の仲間のドイツの反原発活動達は福島の子供達の生命を守らない自民党に対 し福島の子どもたちを棄民した安倍首相に,激怒しています!子供達より経済を優先し原発は推進する自民党は許せない!ベルリンのデモの動画です!

2014年5月14日水曜日

ドイツ新聞.BASLER紙. (2014年5月12日の記事) 漫画美味しんぼは,福島の被災地の被災者の健康被害の真実を描き日本政府を激怒させた. 私が福島第1原発事故の真実を描き,日本政府が私を批判する事は,私は理解できないと彼のブログに書いている. 漫画美味しんぼの原作者雁屋哲氏は2年間にわたり,福島第1原発事故による原発事故の状況や健康被害の状況を調査していた. 確かに,福島第1原発事故は疑問もなく, 全く問題がないと漫画に書くと国民はもっと喜んだと思うが,私は国民に真実を伝え続けなければならない,日本政府の圧力に決して私は負けないと,刈谷氏は述べている.元双葉町長井戸川氏は,2011年3月の福島第1原発事故で,日本政府は福島の住民達や子供達をを守らなかったヨート゛剤も与えなかった放射線のスヒ゜-テ゛イの情報も与えなかったと日本政府や福島県を批判している. 井戸川氏は自分自身も放射腺に汚染されてた事を明らかにする為に鼻血の写真を公表した. 来週に,漫画美味しんぼの新作が発売され,もっと明確にした福島の真実が描かれ,発売される. 匿名を希望した別の漫画家は、福島では現在福島第1原発事故について話す事はほとんどタブーになっていると話した. 誰も,福島産の野菜を購入しないと書かない,もし誰かが書いたら,すぐにインターネット上で攻撃されると話した. インターネット(TWITTERやFACE,BOOK)で,福島の真実を書いたら,出版社が停止すると思う.漫画美味しんぼは連載が禁止されるのが心配だと彼は話した. 日本国民は,福島第1原発事故の健康被害や福島第1原発事故の真実を知る事もできない状態になる http://bazonline.ch/kultur/buecher/Dieses-FukushimaManga-erzuernt-die-japanische-Regierung/story/31006851 ドイツ新聞.BASLER紙. (2014年5月12日の記事) 漫画美味しんぼは,福島の被災地の被災者の健康被害の真実を描き日本政府を激怒させた. 日本政府を激怒させた理由は,福島第1原発事故により福島の被災地の被災者達の健康被害の真実の状況を漫画に描き,日本政府の感情を激怒させた. 漫画の原作者雁屋哲氏は福島第1原発事故による健康被害を漫画で描いた為,日本政府や環境大臣も,憤慨した. 日本の多くの市民達は,月曜日の夜に多くの人達がスーパーマーケットに行き,漫画美味しんぼを買っている. 毎週漫画美味しんぼうは新シリーズを掲載し,現在、福島第1原発事故により,福島の被災地の被災者の健康被害の真実の状態を描いている.漫画美味しんぼは1984年から販売されている漫画である. 1週間前に販売された漫画美味しんぼに,福島の多くの人々が放射腺被曝により鼻から出血している絵を,花咲明さんが描いている. 双葉市は、福島第1原発事故後,放射腺で,死の町になった. 日本政府は,小学館の出版社に対し漫画美味しんぼの原作者雁屋氏は,福島第1原発事故による被災者の健康被害について,嘘を描き,放射線被曝について何の研究もしていない原作者刈谷氏の個人的な意見であると批判した. 日本政府は福島第1原発事故が起きたのが,反省も無く,原発を推進していく姿勢だ. 漫画美味しんぼの新作で福島の土壌を除染しても, 放射腺量は減少してないと描いている. 大阪の住民達は 福島第1原発事故で出た放射腺瓦礫が焼却され,それが原因で鼻血が出たと憤慨して,大阪府に対して抗議をしている. 元双葉町長井戸川氏は,2011年3月の福島第1原発事故で,日本政府は福島の住民達や子供達をを守らなかったヨート゛剤も与えなかった放射線のスヒ゜-テ゛イの情報も与えなかったと日本政府や福島県を批判している. 井戸川氏は自分自身も放射腺に汚染されてた事を明らかにする為に鼻血の写真を公表したのである. 漫画美味しんぼに対して、自民党の環境大臣石原石原伸晃氏 はこの漫画美味しんぼが描いている事は事実でないと彼は批判した. 放射腺専門家は福島第1原発事故で,放射腺で鼻血が出る因果関係はないと説明しており,国民に,悪質な噂を広める事は悪い影響を国民に与えると,原発を推進していく自民党の環境大臣石原氏は述べたのである. 日本では,福島第1原発事故について,真実を伝えていく事はタブーである. 漫画美味しんぼの原作者72歳の雁屋雁屋氏が, 私がこの鼻血の事実を描けば,抗議が起こると思っていたが、怒りの嵐が日本政府から起こると思ていなかった.私が福島第1原発事故の真実を描き,日本政府が私を批判する事は,私は理解できないと彼のブログに書いている. 漫画美味しんぼの原作者雁屋哲氏は2年間にわたり,福島第1原発事故による原発事故の状況や健康被害の状況を調査していた. 確かに,福島第1原発事故は疑問もなく, 全く問題がないと漫画に書くと国民はもっと喜んだと思うが,私は国民に真実を伝え続けなければならない,日本政府の圧力に決して私は負けないと,刈谷氏は述べている. 来週に,漫画美味しんぼの新作が発売され,もっと明確にした福島の真実が描かれ,発売される. 匿名を希望した別の漫画家は、福島では現在福島第1原発事故について話す事はほとんどタブーになっていると話した. 誰も,福島産の野菜を購入しないと書かない,もし誰かが書いたら,すぐにインターネット上で攻撃されると話した. インターネット(TWITTERやFACE,BOOK)で,福島の真実を書いたら,出版社が停止すると思う.漫画美味しんぼは連載が禁止されるのが心配だと彼は話した. 日本国民は,福島第1原発事故の健康被害や福島第1原発事故の真実を知る事もできない状態になるのでる. (EMI.KIYOMIZU訳)

2014年5月12日月曜日

ドイツ新聞FAZ紙。(2014年4月6日の記事) 福島第1原発事故の結果.国連科学委員会UNSCEAR は先週、福島第1原発事故により,放出した放射線は、日本国民の健康に直接影響を与えない 将来においても癌になる危険性(リスク)もないと最終報告書を発表した。国連科学委員会UNSCEAR は福島の人達の健康への影響を統計学的に証明もできないのである。 国連科学委員会UNSCEAR の報告書は、原発を推進させる方向に動いており,福島第1原発事故を過小評価しようとしている。 福島第1原発事故による健康被害は、これから出てくる。死亡者も出てくる. 原発は、放射線による癌になる危険性を持ち,私達が知らない多くの危険性を持ち、味や匂いも感じないのだ。 日本政府は日本国民が、福島第1原発事故の恐怖を持たないので,再び原発を再稼動し推進しようとしている。 原発は全てにおいて不合理であり人間の健康を破壊する危険性も証明されていない、事故が起きれば人間の心に大きな不安を与え,特に放射線により、癌になる恐怖を与える.全ての国民が政府に原発廃止の要請をしていかなければならない。 ( Atomkraft Fukushima, die Strahlenbilanz) ドイツ新聞FAZ紙。(2014年4月6日の記事) 福島第1原発事故の結果. http://www.faz.net/aktuell/wirtschaft/wirtschaftspolitik/strahlenbelastung-in-fukushima-12882021.html ドイツ新聞FAZ紙。(2014年4月6日の記事) 福島の原発事故の結果. 福島の原発事故後、ドイツ政府は,緊急に原発エネルギー政策を変える事を宣言した。 福島第1原発から放出された放射線は健康への影響はないと報告されているがどの理由で健康への影響はないと言えるのか? 3年前、2011年3月11日の午後、日本はマグニチュード9.0の地震が起こり2万人が死亡した. 現在も福島の人達は心に傷を負い、大きな心理的、社会的な苦しみを受けている。 ドイツの国も,日本の国も,福島第1原発事故の全てを忘れようとしている、ドイツは前の歴史上で起こった事も忘れようとしている。 福島第1原発事故は3つの原子炉がメルトダウンを起こし大気中と太平洋に膨大な放射性物質を放出した。 ドイツ政府は福島第1原発事故後,危険な、致命的な原発エネルギー政策から 太陽光発電や風力発電等の自然エネルギ-政策に転換する事を宣言した。 国連科学委員会UNSCEAR は先週、福島第1原発事故により,放出した放射線は、日本国民の健康に直接影響を与えない 将来においても癌になる危険性(リスク)もないと最終報告書を発表した。 国連科学委員会UNSCEAR は福島の人達の健康への影響を統計学的に証明もできないのである。 日本では巨大な津波が発生して、福島第1原発が3つの原子炉がメルトダウンを起こし、膨大な放射線が放出して、福島第1原発の近辺に住む人達は一人の人間もそこで、生活できない状態になった。 国連科学委員会UNSCEAR の報告書は、原発を推進させる方向に動いており, 福島第1原発事故を過小評価しようとしている。 又、原発エネルギー政策から 太陽光発電や風力発電等の自然エネルギー革命の邪魔もしている。そしてIPCCの地球温暖化を止める政策も邪魔しようとしている。 (IPCCは地球温暖化についての科学的調査を行う機関である) 原発事故による放射線で癌になり死亡するという科学的な証拠が明確にされていない.(チエルノフ゛イル原発事故では放射線で癌になり死亡する事は,現在は認められようとしている) 福島第1原発事故による健康被害は、これから出てくる。死亡者も出てくる。 人間が感じる恐怖は,真実を感じようとする. ドイツ政府は,原発事故で,ドイツ国民に恐怖を与えない為に,原発エネルキ゛-政策を変えたのである. どの政府もエネルギ-のコストについて,議論していかなければならない. 原発エネルギ-に比較して,石炭やガスの自然エネルギ-のコストについて議論していかなければならない. 原発は全てにおいて不合理であり人間の健康を破壊する危険性も証明されていない、事故が起きれば人間の心に大きな不安を与え,特に放射線により、癌になる恐怖を与える.全ての国民が政府に原発廃止の要請をしていかなければならない。 原発は、放射線による癌になる危険性を持ち,私達が知らない多くの危険性を持ち、味や匂いも感じないのだ。 日本政府は日本国民が、福島第1原発事故に対して,恐怖を持っていないので,再び原発を再稼動し推進しようとしている。 1950年代のドイツは原発の平和利用を絶賛した。日本政府も同じ事を行ったのである. (EMI,KIYOMIZU訳)

2014年5月6日火曜日

ドイツ新聞FAZ紙。(2014年4月29の記事) ヨーロッパで日本の安倍首相は原発は必要であり、日本は原発を推進していくと述べた. 日本の安倍首相はヨーロッパの訪問旅行の初めにドイツ新聞FAZ紙のインタビューで、東アジアでの再軍備が拡大している為、原発は必要であり、原発を推進していくと述べた。 福島第1原発事故が起きたにもかかわらず、日本国民の民意を無視して,日本政府は原発推進を続けようとしている。 安倍首相はドイツが原発を段階的に廃止することを決定したことを知っているが、ドイツとは異なり日本は石炭の採掘も限られており、日本は島国である為、近隣諸国から電力輸入が非常に困難であり、日本が簡単に原発を廃止することは非常に困難であると安倍首相は述べたのである。 (Japans Regierungschef in Europa Abe verteidigt Atomkraft) http://www.faz.net/aktuell/politik/ausland/asien/japans-regierungschef-in-europa-abe-verteidigt-atomkraft-12914152.html ドイツ新聞FAZ紙。(2014年4月29の記事) ヨーロッパで日本の安倍首相は原発は必要であり、日本は原発を推進していくと述べた. 日本の安倍首相はヨーロッパの訪問旅行の初めにドイツ新聞FAZ紙のインタビューで、東アジアでの再軍備が拡大している為、原発は必要であり、原発を推進していくと述べた。 日本の安倍首相は、中国と韓国の関係が悪化し非常に多くの困難な課題があるが、私は常に対話によって解決していきたいと思う。日本は、韓国で第二次世界大戦中に起こした慰安婦の問題で韓国から強い批判を受けており,又、無人島である尖閣諸島の領土紛争で日本と中国との関係が非常に緊迫してきた。 安倍首相は,中国と韓国との緊迫状態を減らすために前提の条件なしでお互いに話をしていかなければならないと思うと10日間のヨ-ロッハ゜旅行の初めにドイツFAZ紙のインタヒ゛ュウで安倍首相は述べた. 東アジアの平和と安定は危険な状態になっており、世界に対して重大な影響を与えると阿部は警告した。 安倍首相は,アジアの経済成長の為に, 軍備に,金を浪費すべきでないと彼は述べた。特に中国の名前を出さないで安倍首相は人民共和国の軍備拡大を批判し、国の秩序を尊重しないで人民共和国は圧力によって一方的に今の現状を変えようとしていると批判した。 日本の安倍首相は。 ドイツの第二次世界大戦後の政治政策や経済政策は私のお手本であるが,第二次世界大戦後の東アジアの状況は全く,違っている状況であったと述べた. ヨーロッパでは、ドイツの国が、ヨーロッパの国と和解を求め、 欧州統合をする為の大きな目標の為に努力をして貢献したが,東アジアの国の状況は、第二次世界大戦終了後は完全に違った歩み方をしていると安倍首相は述べた。 安倍首相は、ヨーロッパ訪問の旅で,火曜日にベルリンでドイツのアンゲラ・メルケル首相と会談を行ない、彼はドイツ企業が日本の中小企業とより協力して連携していく事をメルケル首相に要請した。 安倍首相は、日本企業とドイツ企業の橋を渡す役割をしていきたいと述べた。 日本政府は 英国とフランスと一緒に協力して安全な原発の開発を進めていくと安倍首相は述べた。 安倍首相は、 日本は石油・ガスの90パーセントは輸入によって依存していると述べた 福島第1原発事故が起きたにもかかわらず、日本国民の民意を無視して,日本政府は原発推進を続けようとしている。 安倍首相はドイツが原発を段階的に廃止することを決定したことを知っているが、ドイツとは異なり日本は石炭の採掘も限られており、日本は島国である為、近隣諸国から電力輸入が非常に困難であり、日本が簡単に原発を廃止することは非常に困難であると安倍首相は述べたのである。 (EMI.KIYOMIZU訳)

2014年4月29日火曜日

IPPNWドイツ支部のALEXROSEN博士が日本の放射腺汚染地域で住む子供達に対して, 親達はこれからどのようにしていくべきかアドバイスをして頂きました,とても重要なのでぜひ,お読みください 以下の文がROSEN博士からのアドバイスです 私自身が,若っかったら,そして,幼い子供を持っていたら,日本の汚染地域から避難します. 避難が出来ない人達は,ホットスポットの場所に絶対に行かないこと,汚染食品(福島県産の食品は避ける)を食べない事,できるだけ早く医者(放射線検査に)に行くこと,福島当局からの警告(例えば公園の砂場で子供達を遊ばせない等)に従う事も重要である. 私が聞いた福島県が行なっている子供達に対しての医療ケア-は十分ではないと思う. 私がとても心配していることは,日本政府や福島県が行なっている子供達の甲状腺検査が各2年毎であること, 子供達の甲状腺超音波検査にただの2-3分しかかけていないこと,セカンドオピニオン(他の医者に行き他の意見を聞く事は重要である)が推奨されていない事,甲状腺検査だけされており,放射腺による影響で他の多くの疾病が発生することなどが無視されている事にとても懸念しています. 各家族がどれだけのリスクを持つ事ができるか,各自が考え,判断してください,そして汚染地で生活する事がどんなに危険であるか良く考えてください. 高速道路でどのくらい速く運転するか、 どんな物を食べるか、どのくらいアルコールを飲むか、タバコを吸い始める,自転車でヘルメットを着用するかなどは健康に対して大きな影響は無い. タバコを吸ったり、アルコールを飲んだり、脂っこい食べ物を食べ,スポーツをほとんどしない人達は.健康上の危険性が高いといえる. 家族と一緒に健康で長く生きたいと思うなら放射線のリスクは自分でコントロ-ルしなければならない. 各自が良いか悪いか判断しなければならない. 私は子供たちが、汚染地で暮らし,砂場で遊んでも大丈夫か,果実を食べても大丈夫かいつも心配しなければならない状態で子供達が汚染地で暮らすことは望んでいません. 愛の挨拶を送ります. Alex Rosenより. Liebe Frau emi kiyomizu, es tut mir sehr leid, das ich mich erst jetzt melde - ich hatte die letzten Wochen einfach zu viel zu tun mit diesem elendigen UNSCEAR Bericht. Nun ja - was kann man machen ? Ich würde selber wohl aus der Region wegziehen,wenn ich jung wäre oder junge Kinder hätte. Ansonsten wäre wichtig, die Warnungen der Behörden zu befolgen, von hot spots fern zu bleiben, sich möglichst viel mit nicht-kontaminierten Nahrungsmitten zu ernähren (also möglichst wenig lokale Produkte) und natürlich zu Frühvorsorgen zu gehen. Ich denke nicht, dass eine adäquate gesundheitliche Betreuung in Fukushima möglich ist, wenn ich höre, dass beispielsweise Schilddrüsenultraschalluntersuchungen nur 2-3 Minuten dauern, nur alle zwei Jahre statt finden sollen und von Zweitmeinungen von den Behörden her abgeraten wird. Auch stört mich diese totale Fokussierung auf die Schilddrüsen, als würde es keine anderen Strahlenfolgen geben. Aber ich denke, dass sich jede Familie selbst Gedanken machen muss, welches Risiko sie bereit ist, zu tragen und wie gut sie mit dem Gefühl, in einer kontaminierten Gegend zu leben, klar kommt. Es ist selbstverständlich so, dass andere Lebensentscheidungen, die wir sehr z.T. leichtfertig treffen (trage ich einen Helm beim Radfahren, fange ich an zu rauche, wie viel Alkohol trinke ich, wie schnell fahre ich auf der Autobahn, welche Sportarten mache ich, wie ernähre ich mich, etc.) ebenso große, wenn nicht größere Auswirkungen auf die Gesundheit haben können. Für jemanden der raucht, trinkt, fettig isst und wenig Sport macht ist das zusätzliche Gesundheitsrisiko durch die Strahlung vermutlich nicht der ausschlaggebende lebensbegrenzende Faktor. Für jemanden, der gesund leben möchte, seinen Körper schont und trainiert, sich gesund ernährt und viele Jahre mit seiner Familie leben möchte, für den ist das Strahlenrisiko vielllicht der größte kontrollierbare gesundheitsschädigende Faktor. Man muss das also wirklich von Fall zu Fall sehen und kann keine globalen Empfehlungen machen. Fakt ist: ich würde nicht gerne in einem Gebiet wohnen, wo ich mir ständig Sorgen machen müsste, ob meine Kinder im Sand spielen oder Beeren von den Sträuchern essen dürfen. Liebe Grüße aus dem ICE, Alex Rosen

2014年4月27日日曜日

(ドイツ新聞SPIEGEL紙の報道。2014年4月26日.) 第二次世界大戦中に日本の兵隊達の性の慰安婦として日本政府が近辺諸国と南韓国の女性達を強制売春をさせたことに対し、米大統領オバマ氏は批判したが 日本政府はその批判を認めようとしないで拒否した。 ("Trostfrauen" im Zweiten Weltkrieg: Japan weist Obamas Kritik an Zwangsprostitution zurück) 第二次世界大戦中に日本の兵隊達の性の慰安婦として日本政府が近辺諸国と南韓国の女性達を強制売春をさせたことに対し、米大統領オバマ氏は批判したが 日本政府はその批判を認めようとしないで拒否した。 http://www.spiegel.de/politik/ausland/sexsklavinnen-im-zweiten-weltkrieg-japan-weist-kritik-zurueck-a-966287.html ドイツ新聞SPIEGEL紙の報道。2014年4月26日。 第二次世界大戦中に日本の兵隊の性の慰安婦として日本政府が近辺諸国と南韓国の女性達を強制売春をさせた事に対し、米大統領オバマ氏は批判したが 日本政府はその批判を認めようとしないで拒否した。 1945年迄,日本政府は,近辺諸国と南韓国から,合計約20万の少女達と女性達を拉致して、売春宿で,日本の兵士達の為に,性の慰安婦として強制売春させた事に対しバラク·オバマ米大統領は人間の人権を無視した酷い行為だと述べ,日本政府が行った慰安婦の売春行為を批判したが日本政府はオバマ米大統領の批判を認めようとしないで拒否したのである。 日本政府は慰安婦の苦しみを知っていたが、この問題が政治問題にされる事を拒否し,第二次世界大戦中に行なった日本兵隊の為の性奴隷制に対してオバマ米大統領の批判を拒否した.日本政府の内閣副大臣加藤克信はテレビのインタビューで、性の慰安婦について政治や外交で問題にすべきではないと述べた。 オバマ大統領は、金曜日に韓国を訪問しこれは人間の人権を無視した酷い違反行為だと日本政府を非難した。 この女性達は、戦争の最中に日本の兵士たちの為に性の慰安婦として虐待された、女性の人格は尊重しなければならない。日本政府は過去の過ちを正直に認めて、反省して,公けに認めなければならないと米大統領オバマはソウルで日本政府を批判した。 第二次世界大戦中に旧日本政府が占領した南韓国で、日本政府は第二次世界大戦中に兵隊の性の慰安婦制度を設けたが、長期間にわたり、第二次世界大戦中に犯した過ちを認めない、十分に反省もしていないと米大統領オバマ氏は述べた。 2013年5月に大阪市の市長が、命を危険にさらされた日本兵士の規律を維持する為に慰安婦を許可する必要があったと述べ性の慰安婦の強制売春を擁護したのである。 第二次世界大戦中に旧日本政府が占領した南韓国政府と日本政府の2カ国の関係は氷のような状態であるが 過去の痛みを克服する為、慰安婦の問題を解決する方法を見つける事が、両国の利益の為に重要な事であると米大統領オバマ氏は述べた。 (EMI.KIYOMIZU訳)

2014年4月25日金曜日

   IPPNWドイツ支部から.  IPPNWドイツ支部から. ドイツ放射線防護委員会は、原発事故が起きた場合の緊急対策の計画を作成したが,チェルノブイリ原発事故の健康被害の多くの部分を無視して,作成した. チェルノブイリ原発事故後28年経っても,ドイツ放射線防護委員会(SSK)はチェルノブイリの健康被害の多くの部分を今も無視している. この近視眼的なドイツ放射線防護委員会SSKは,原発事故が起きた場合の緊急対策の計画を作成したが,原発事故が起きた場合に,住民を防護する為の規定値を余りにも高く見積もり, 原発事故が起きたら放射腺の影響で,1万人の犠牲者がでる事になるとIPPNWドイツ支部の医師Angelika Claußen博士は述べた. チェルノブイリ原発事故を収支する為に働いた約80万人の労働者達は,現在迄に,12万5000人が死亡しており, 数十万人が深刻な病気になっていると IPPNWドイツ支部のAngelika Claußen博士は述べた. チェルノブイリ原発事故による放射腺で癌になり,死亡した人達は 30,000人以上だと推測される. IPPNWドイツ支部の副会長小児科医アレックス·ローゼン博士は, 再び新しいチェルノブイリ事故が起きるのを防止しなければならない。国民達を原発事故から,守る事ができないなら,ドイツの全ての原発を緊急に停止し,原発を廃止しなければならないと述べた. (Deutsche Strahlenschutzkommission ignoriert Folgen von Tschernobyl für den Katstrophenschutz) http://www.ippnw.de/presse/presse-2014/artikel/a432741979/deutsche-strahlenschutzkommission-ig.html IPPNWドイツ支部から.(2014年4月24日の記事) ドイツ放射線防護委員会は、原発事故が起きた場合の緊急対策の計画を作成したが,チェルノブイリ原発事故の健康被害の多くの部分を無視して,作成した. チェルノブイリ原発事故後28年経っても,ドイツ放射線防護委員会(SSK)はチェルノブイリの健康被害の多くの部分を今も無視している. この近視眼的なドイツ放射線防護委員会SSKは,原発事故が起きた場合の緊急対策の計画を作成したが,原発事故が起きた場合に,住民を防護する為の規定値を余りにも高く見積もり, 原発事故が起きたら放射腺の影響で,1万人の犠牲者がでる事になるとIPPNWドイツ支部の医師Angelika Claußen博士は述べた. ドイツ放射線防護委員会(SSK)は原発事故で起こる急性放射線障害の急性放射線病だけ,認めており, 癌や,先天性欠損症、遺伝子損傷、死産、心血管疾患や免疫系障害などの病気は長期間にわたり健康に被害を与えるが,今まで認識されなかったが現在は十分に研究されている.しかし,ドイツ放射線防護委員会(SSK)はこれらの健康に被害を与える病気の事を十分に学んでいないと.Angelika Claußen博士は述べた. ドイツ放射線防護委員会SSKは、原発事故が起きたら,最大20キロの半径内に、すぐに住民を避難させることを計画しており,住民が100ミリシーベルトの放射線に被曝すると,7日以内に20キロから最大100キロまで避難する権利がある事も,緊急対策の計画で決めている. 比較してみると、福島県では住民が避難できる放射線規定値は 日本政府が20ミリシーベルトに上げたが,チェルノブイリでは10ミリシーベルトで避難できる権利があり、5ミリシーベルトで永久に移住できる権利がある. チェルノブイリ原発事故では放射線が放出した期間は11日間であり、福島第1原発事故で放射線が放出した期間は25日間続いたが、ドイツ放射線防護委員会(SSK)の論文には50時間だけ、放射線が放出され拡散されたと報告しており,理由も明確にしていない。 2007年にドイツのOKO研究所の研究によると,原発事故が起こると、気象条件に応じ、住民は50キロから最大約600キロ迄避難する必要があると結論を出し報告している. 又,2012年4月に,国民を放射線から防護をする為のドイツ連邦政府の機関は,原発事故が起きた場合,住民を緊急に保護する為に,原発事故現場から100キロから170キロ迄避難させる事が必要であると考えている. チェルノブイリ原発事故を収支する為に働いた約80万人の労働者達は,現在迄に,12万5000人が死亡しており, 数十万人が深刻な病気になっていると IPPNWドイツ支部のAngelika Claußen博士は述べた. チェルノブイリ原発事故による放射腺で癌になり,死亡した人達は 30,000人以上だと推測される. 放射線防護委員会の11人のメンバ-の内,3人のメンバーがドイツのRWE 電気会社とEONの電気会社のマネ-ジヤ-達で,放射線防護委員会のメンバーに参加していた.彼等は,チェルノブイリ原発事故や福島第1原発事故から,何も学んでいない とAngelika Claußen博士は述べた. IPPNWドイツ支部の副会長小児科医アレックス·ローゼン博士は, 再び新しいチェルノブイリ事故が起きるのを防止しなければならない。国民達を原発事故から,守る事ができないなら,ドイツの全ての原発を緊急に停止し,原発を廃止しなければならないと述べた. (EMI,KIYOMIZU訳)

2014年4月13日日曜日

ドイツ新聞TAZ紙.国連化学委員会の福島第1原発事故の報告書に対しての批判. 放射線量の増加(被曝量)で,人体に及ぼす健康被害も増加する. 国連化学委員会の専門家達は、福島第1原発事故で3つの原子炉がメルトダウンが起こしているが,日本の国民の癌のリスクは増加しないと報告した. さらに,小児の甲状腺癌の急激な増加に対しても,福島第1原発事故で放出された放射線の影響でないと報告している ドイツ放射線防護協会の会長Sebastian Pflugbeil氏は、福島第1原発原発事故3年後に、国連化学委員会が放射腺による危険性は,無いと報告しているのは余りにも無謀だと批判した. Pflugbeil氏Pflugbeil氏は,福島第1原発事故の影響で起こる,放射腺による病気は今から始まると述べた. http://www.taz.de/Kritik-am-UN-Bericht-ueber-Fukushima/!136050/ ドイツ新聞TAZ紙、 (Jede Strahlungserhöhung hat Folgen) 福島第1原発事故により,放射線による健康影響は無いと国連化学委員会の報告書に対してIPPNWの医師達は批判した。 国連化学委員会の専門家達は、福島第1の原発事故の影響で癌になるリスクは増加しないと報告書で説明したが、 IPPNWの医師達は信用できない,疑問な報告書だと批判した。 2011年の福島第1原発事故による健康への影響について水曜日に提出した国連化学委員会の報告書に対して批判した。 国連化学委員会の専門家達は、福島第1原発事故で3つの原子炉がメルトダウンが起こしているが,日本の国民の癌のリスクは増加しないと報告した. さらに,小児の甲状腺癌の急激な増加に対しても,福島第1原発事故で放出された放射線の影響でないと報告している. 福島県で,合計25万人の子供達と青年達が甲状腺スクリーニング検査をした.甲状腺癌は非常にまれに起こる病気だが、75人が甲状腺癌になる と診断されている。 甲状腺スクリーニング検査で、甲状腺嚢胞、甲状腺結節、甲状腺癌になる、高い増加率が示された。 国連化学委員会の専門家達は,特に福島の幼児や子供達の甲状腺癌のリスクの増加も、認めなければいけない. 多くの子供達が、実際どの位の高い放射線量にさらされ、被曝したかも明確にしていない。 福島第1原発事故の収支の為に働いている、172人の原発労働者たちは高い放射線量にさらされ被曝しており、癌になるリスクが増加している。 報告書では、日本の国民と、破損した福島第1原発の周辺地域の住民に対しても 事実上、健康のリスク(危険性)はないと報告している。 国連化学委員会は,福島第1原発事故により放出した放射線量は自然界の放射線量とほとんど同じ 放射線量だと報告している. 核戦争反対国際医師団体のIPPNWの医師達は、 国連化学委員会は東京電力やウィーンの国際原子力機関IAEAと日本の原子力当局から得た放射線データを使用しており、科学的に信用できない,疑問な報告だと述べている。 チェルノブイリ原発事故では、健康のリスクは矮小化され、秘密にされ、隠蔽された、普通では、甲状腺癌は10万の子供に対して0.35人が発生したが 福島では甲状腺癌が10万人に対し,13人増加して,40倍にもなっている状態である. 放射線は低線量でも健康の影響(被害)を受けるが議論もされていない状態である。 ドイツ放射線防護協会の会長Sebastian Pflugbeil氏は、福島第1原発原発事故3年後に、国連化学委員会が放射腺による危険性は,無いと報告しているのは余りにも無謀だと批判した. Pflugbeil氏Pflugbeil氏は,福島第1原発事故の影響で起こる,放射腺による病気は今から始まると述べた. (EMI,KIYOMIZU訳)

2014年4月6日日曜日

ドイツ新聞ト゛イチュヘ゛レの報道.福島第1原発事故3年後の状態。動画. 福島の子供達の状態は、福島第1原発事故3年後に33人の子供達が甲状線癌になり、更に41人の子供達が癌になると思われる。これはとても深刻な状態である. 日本政府は福島第1原発事故について,間違った行動をしていると言える. 日本政府は,福島の汚染地域から、避難したい人達は避難させなければならない.しかし,反対に日本政府は福島の汚染地域に,避難した人達を戻そうとしている. 日本政府は,定期的な健康調査もしなければならない.そして、被災者達(子供達)に汚染食品を絶対食べさせてはいけない。日本の全ての原発を廃止し、これ以上原発を再稼動させてはならない.この事がもっとも重要な事であるとクラウセン博士は述べた。 (Three years after Fukushima) http://www.dw.de/three-years-after-fukushima/av-17498368 ドイツ新聞ト゛イチュヘ゛レの報道.福島第1原発事故3年後の状態。動画. 3年前、福島第1原発事故により,数千人の人達が死亡し、約50万の福島の人達が家を失った。 専門家達は、今も福島第1原発発から放射腺が流出しているので,苦労している状態で、福島第1原発事故は終わっていない。 ドイツ新聞ト゛イチュヘ゛レがIPPNWドイツ支部のアンジェリカクラウセン博士に話を聞いた。 福島の子供達の状態は、福島第1原発事故3年後に33人の子供達が甲状線癌になり、更に41人の子供達が癌になると思われる。これはとても深刻な状態である. 福島第1原発事故を収束させる為に働く原発労働者達の内,15%だけが東電に直接雇用させているが、85%は東電の下請け会社で雇用されており、健康保険もなく、被曝検査も健康検査も受けられない状態である、しかし,これらは原発で働く場合は労働者達には必要な事である. 日本政府は福島第1原発事故について,間違った行動をしていると言える. 日本政府は年間100ミリSVでも健康の影響はないと発言しているが、これは間違いである。 国際放射腺防護委員会ICRPはコンヒ゜ュタ-トモク゛ラフィ-で癌になるという事実を新しい研究で発表している. 日本政府は,福島の汚染地域から、避難したい人達は避難させなければならない.しかし,反対に日本政府は福島の汚染地域に,避難した人達を戻そうとしている. 日本政府は,定期的な健康調査もしなければならない.そして、被災者達(子供達)に汚染食品を絶対食べさせてはいけない。日本の全ての原発を廃止し、これ以上原発を再稼動させてはならない.この事がもっとも重要な事であるとクラウセン博士は述べた。 (EMI,KIYOMIZU訳.私は専門の翻訳家でないので,和訳に間違いがあるかもしれませんが,ご理解下さい)

2014年4月4日金曜日

ドイツNTVテレビの報道。福島第1原発事故について、国連科学委員会の報告に驚いた! (Der erstaunliche UN-Bericht zu Fukushima) http://www.n-tv.de/panorama/Der-erstaunliche-UN-Bericht-zu-Fukushima-article12588996.html ドイツNTVテレビの報道。福島第1原発事故について、国連科学委員会の報告に驚いた! IPPNWドイツ支部アレックス·ローゼン博士による説明は、 福島第1原発事故について、国連科学委員会の報告書は福島第1原発事故で癌による死亡はないと明確にしたが、これは核保有国の原発業界を喜ばせる為のメッセージであり、福島第1原発事故はまだ終わっていない状態であるとIPPNWは述べた。 水曜日に国連科学委員会(UNSCEAR)は、福島原発事故による放射腺の健康影響を調査して報告書を発表した。 国連科学委員会は福島第1原発事故事の放射線の影響によって,将来,癌の発生率は著しい変化が予想されないと報告したが、IPPNWの医師達は福島原発事故による健康影響を軽視し、過小評価していると 批判した。 UNSCEARは福島第1原発事故事で癌が発生しないという事を報道した事は、 明確に因果関係を否定するために利用したのである。 私達は既にタバコ業界やアスベストの業界がこの同じ戦術を使った事を知っている。 UNSCEAR報告書は、 放射線はどんな低線量でも癌のリスクが増加することは誰も知っている事実であるが被災者に危険性も説明もしないで、疑問である報告をしたのである。 UNSCEARは、特別に選択した食品サンプルで少ない放射線線量を使って、原発業界を満足させるための報告をした。福島第1原発事故事で予想される数万の癌症病は無視しようとした。 福島の被災者達は再び恐怖の状態になる。 UNSCEAR報告書は福島の被災者達の被曝量は、主に国際原子力機関(IAEA)の汚染された食品サンプルを基にしている。 日本の独 立した組織が放射腺食品サンプルを検査して高い線量を検出したが無視したのである。 UNSCEARは世界的に原子力エネルギーの利用を促進させるための目的で設立された。 独立した研究所によって計算された高い放射線総放出量を考慮しないで,代わりに日本原子力研究開発機構の放射線総放出量を使用したのである。 原発労働者の被曝量検査は、ほとんど東京電力が直接おこなっており、 労働者達の被曝量の操作が行われ、多数の報告は疑問だらけである。 核保有国は,UNSCEARの報告書で福島第1原発事故の議論を早く終了させる事を試みたのである。 福島第1原発事故はまだ、終わっていない、今も危険な状態が続いている。 毎日、海に放射線汚染水が数百トンも流れている。 福島第1原発の原子炉から放出した危険な放射性物質の除染の為に数十年かかる状態である。 放出したセシウム137の半減期は約30年かかり、福島第1原発事故の3年後に長期的な健康影響について最後の報告書を作る事は、非科学的である。 福島の被災地の人達に真実の情報を与えることは必要であり、福島第1原発事故による危険な健康影響について説明もしなければならない。 又被災者達に支援も必要である。被災者達に、間違った希望を与えてはならない。 昨年秋に、国連特別報告者アナンドグローバー氏が福島第1原発事故の状況について報告書を発表した。アナンドグローバーは福島の被災者達が,個人の健康と健康な環境を守る為の権利を持つことも,福島の被災者たちが、自分の医療データ(記録)も得る事もできず、セカンドオピニオンを得る事も日本政府は拒否したことに対してアナンドグローバーは非難している. 又、彼らは汚染された地域から避難しても政府(東電や福島県当局など)から、支援も受けられない状態である。 アナンドグローバー氏のよく調査された、洞察に満ちた報告書は、UNSCEARの疑問な報告書と比較して、アナンドグローバー氏は問題点を、特に明確にしている。 福島第1原発事故による、被災者達の放射線の健康影響についての議論は、独立した医学研究(放射線による健康影響についての研究)は日本政府の経済的·政治的な利益の為に,日本政府の圧力に左右されてはいけない,これ以上に,もっと大切な事は,放射線に汚染されていない環境に住む事は,全ての人が持つ権利である事を忘れてはいけない. (EMI、KIYOMIZU訳)

2014年4月3日木曜日

IPPNWドイツ支部から。福島第1原発事故による健康への影響をUNSCEARは報告書で,過小評価し隠蔽した。 (Vertuschung von gesundheitlichen Folgen der Atomkatastrophe) http://www.ippnw.de/startseite/artikel/f7d6f68152/vertuschung-von-gesundheitlichen-fol.html 福島第1原発事故による健康への影響をUNSCEARは報告書で,過小評価し隠蔽した。 国連科学委員会UNSCEARの放射線の影響に関する今日の報告書は福島第1原発事故による健康への影響を体系的に過小評価し隠蔽した。 UNSCEARは、福島第1原発事故による放射線被曝で起こる将来の癌の発生率は予想できないというUNSCEARの300ページの最終報告書に対してIPPNWのドイツ支部の医師達は追加される数万の癌疾病数をUNSCEARは計算に入れてないと批判した. 日本国民の癌になる数は、 すでに高い状態で、放射線被曝の因果関係を説明できないようにしている. 癌になる原因を明確にしないという事実は、 原子力業界とUNSCEARが放射線による健康への影響の因果関係を明らかに否定しようとしているのである. 長い間タバコ業界やアスベスト業界で知られているように歴史は繰り返されている. チェルノブイリ原発事故後、汚染地域に住む人々に対して,健康リスクは、隠蔽され,矮小化し、秘密にされたとIPPNWの副会長、アレックス·ローゼン博士は批判した。 UNSCEARのメンバー達は、国際原子力機関IAEA や東京電力や日本の原子力当局の報道を本質的に支持して,独立した中立の研究機関の報告は無視して報告したとIPPNWは批判した。 IAEA は原発エネルギーを世界に推進する事を要請した組織である. IAEAは報告書で,日本の独立した組織が放射腺食品サンプルを検査して高い線量を検出したが無視している. 独立した研究所によって計算された高い放射線総放出量を考慮しないで,代わりに日本原子力研究開発機構の放射線総放出量を使用したのである。 原発労働者の被曝量検査は、ほとんど東京電力が直接おこなっており、 労働者達の被曝量の操作が行われ、多数の報告は疑問だらけである. 福島県の子供達の47%が甲状線の結節やのう胞が発見された. 33人が甲状腺癌であると医者から診断され、甲状腺を除去する手術をしなければならなかった。 更に42人の子供達が急性癌になる疑いもある。 この状態は福島第1原発事故が起きる前は,子供達の甲状腺癌の発生率は10万人に対して 甲状腺癌の発生率は年間0.35 人であったが,現在は,10万人の子供達に対して甲状腺癌の発生率は13人になっており, 福島の子供達の甲状腺癌の発生数は驚くほど高い状態になっている 放射線はどんなに小量でも癌になる危険性が増加するが議論されていない。 UNSCEARは福島第1原発事故による健康へのリスクについて福島の被災者達に説明しないで、 疑問である報告をした. 原発業界を有利にする為にUNSCEARは,日本の放射腺食品サンプルを特別に選び,少ない放射線量を報告して福島の人達に健康影響は出ないと報告したのである. Alex Rosen博士 の福島第1原発事故による健康への影響をUNSCEARは報告書で過小評価し隠蔽している。 のVIDEOを見てください. http://youtu.be/MJOP0vJmeWA (EMI.KIYOMIZU訳)

2014年3月29日土曜日

ENEニュ-ス. ヘレンカルディコット博士は日本に滞在している間,京都で行なわれた会議で原発の話しをした為に殺すと脅かされた. 日本のいくつかの大学の学生達が原発に反対して津波や福島第1原発事故で出た放射腺瓦礫を燃やす反対の為のチラシを市民に配って平和を乱したと起訴された. http://enenews.com/kpfa-dr-helen-caldicott-threatened-death-japan-speaking-about-nuclear-power-students-charged-disturbing-peace-handing-flyers-audio ENEニュ-ス. ヘレンカルディコット博士は日本に滞在している間,京都で行なわれた会議で原発の話しをした為に殺すと脅かされた. 日本のいくつかの大学の学生達が原発に反対して津波や福島第1原発事故で出た放射腺瓦礫を燃やす反対の為のチラシを市民に配って平和を乱したと起訴された. Steve Zeltzerさんの 日本からの報告:我々は,大阪に行ってきた。 下地教授を含め反原発活動家達がビラを配った事に対し,警察から弾圧を受け,下地教授は逮捕された,又,反原発活動家達に対し,弾圧も続いていると話してくれた. 日本政府は国会で特定秘密保護法を通過させ,日本国民が原発に対し反対する行動を弾圧しようとしている. そして,日本政府は,特定秘密保護法によって,反原発活動家達に対し弾圧を行ない,沈黙させようとしている. 我々はヘレンコルディコット博士も脅迫された事を聞いた. ヘレンコルディコット博士が、8日に京都の会議で原発の話しをした為に,右翼に殺すと脅かされたと報告してくれた. Zeltzerさん :日本のいくつかの大学の学生達も反原発運動に対して,弾圧されていることを報告してくれた. 学生達が原発に反対して放射腺瓦礫を燃やす反対の為のチラシを市民に配って平和を乱したと起訴されたのである. (EMIKIYOMIZU訳,私は専門の翻訳家ではありませんので和訳に間違いがあるかもしれませんがご理解下さい)

2014年3月21日金曜日

ENEニユ-ス.日本にある米国ラジオKPFAの報道 KPFAのSteve Zeltzerは、800人以上の作業員の人達が福島第1原発から行方不明であり見つける事もできない状態である事を聞いた。日本政府は福島第1原発の収束作業をさせる為に実際に日本のヤクザと密接な関係を持っており、原発労働者達は福島第1原発で作業中にたぶん死亡していると聞いた (KPFA in Japan: I’ve learned over 800 people have disappeared from Fukushima plant — “May have been killed or died during work” — “Gov’t actually in business with the Yakuza) http://enenews.com/kpfa-in-japan-ive-learned-over-800-people-missing-from-fukushima-plant-they-may-have-been-killed-or-died-during-work-govt-is-actually-in-business-with-the-yakuza-audio ENEニユ-ス.日本にある米国ラジオKPFAの報道. KPFAのSteve Zeltzerは、800人以上の作業員の人達が福島第1原発から行方不明であり見つける事もできない状態である事を聞いた。日本政府は福島第1原発の収束作業をさせる為に実際に日本のヤクザと密接な関係を持っており、原発労働者達は福島第1原発で作業中にたぶん死亡していると聞いた Steve Zeltzerさんの日本からの報告は、私は大阪に有る日雇い労働者を雇用する社長から, 福島第1原発で働く日雇い労働者の多数は、全く登録(彼等の住んでいる住所もないので,東電や下請け会社にも登録されていない)されていないし, 福島第1原発で働く為に雇用契約された800人以上の日雇い労働者は行方不明になっており、この原因は労働者達がたぶん作業中に死亡していると聞いた。 KPFAのZeltzerさんは日本政府は現在、東電を実際にコントロ-ルしており、ヤクザを通じて、原発労働者の雇用契約をする許可を与えて、原発労働者として福島第1原発で働かしている. だから日本政府は、ヤクザ通じて原発の仕事を実際に行っていると云える. そして原発作業員が被曝の健康ケアを受ける権利もなく、彼らが福島第1原発で働いても登録されていないと報告を聞いた.福島第1原発で働く作業員は東電や,下請け会社に雇用された作業員なのに,原発労働者の既定量以上の被曝をして,病気になっても彼らは登録されていない為,病気になった事も知る事もできない状態である. これらの原発労働者は福島第1原発の危険な仕事をさせられ,日本の原発の為に利用されているのである. 福島第1原発の収束の為に働かされている作業員の内の数人は日雇い労働者だけでなく, 移民労働者もいるのである。 (EMI.KIYOMIZU訳,私はプロの翻訳者でありませんので間違いがあるかもしれませんがご了解下さい)

2014年3月12日水曜日

) (ドイツZDFテレビの報道.動画.福島の 多くの人達は福島第1原発事故から3年後の現在も非常に苦しんでいる.) 福島第1原発事故の全ての責任は自民党にあるが,自民党の安倍首相は,被災者の為に3月末に1万の仮設住宅を建設する事を話すだけで,放射腺の危険や,放射腺による健康影響が起きている事や, 福島第1原発で多くの危険な問題があること等,国民に対して何ひとつ、語ろうと しなかったのである. (Fukushima: So sehr leiden die Menschen drei Jahre danach) ドイツZDFテレビの報道.動画.福島の 多くの人達は福島第1原発事故から3年後の現在も非常に苦しんでいる. 壊滅的な福島第1原発事故が起きて3年後の現在も日本の国民は今もショックを受けており死者を思い黙祷し祈った. 2011年3月11日の福島第1原発事故で被災者の多くは,福島を訪れ,死者を思い出し,一緒に死者の為に祈った. 多くの被災者達が,家族も家も,故郷も失い今迄の生活も失い,全てを失ったのである. 地震と津波,福島第1原発事故が起こり,1万6千人が死亡し3千人が行方不明になり,26万7千人の人達が被災者になったのである. ある被災者の女性は3年経っても,まだ何も考える事が出来ない状態だと話し,ある被災者の男性は,家族の為に前向きに生きて行かなければならないと話した. 二度と福島第1原発事故のような原発事故はおきてはならないが、 安倍首相は福島第1原発が多くの危険な問題があるのに、 日本国民に対して心配もしないで、再稼動を行う事を宣言したのである. 数千人が安倍自民党に対して,再稼動に反対して官邸前でデモを行った. デモに参加した女性は,福島第1原発は,多くの危険な問題を持っている,その事を国民に知らせる為にデモに参加したと話した. 福島第1原発事故の全ての責任は自民党にあるが,自民党の安倍首相は,福島第1原発事故で福島県の200の地域から被災した被災者の為に3月末に、1万の仮設住宅を建設する事を話すだけで,放射腺の危険や,放射腺による健康影響が起きている事や, 福島第1原発で多くの危険な問題があること等,国民に対して何ひとつも、語ろうと しなかったのである。 東京から数百キロメ-タ-離れた福島で死者の為の黙祷と祈りが行なわれたが,福島第1原発が多くの危険な問題があるのに、日本政府が原発再稼動を行う事に対して、福島の被災者達は、誰も日本政府を信じる事ができなくなったのである。 (EMIKIYOMIZU訳)

2014年3月11日火曜日

ドイツ新聞.動画.日本政府と福島当局は日本国民を欺き福島第1原発事故による健康への影響を隠蔽した. ROSEN博士は,福島第1原発事故で環境が放射腺により汚染され,空気や水も汚染され、汚染された食物で多くの日本国民が被曝しているが、国際原子力機関IAEAや,日本政府や福島県当局は,日本国民を安心させる為,福島第1原発は心配はない,健康に影響がないと報告していると批判した. 日本のジヤ-ナリスト達は日本政府からの圧力が、かかるのを恐れ、全ての事実を日本国民に、報道できない状態であるとNEWREUTERさんは述べた。 http://www.gmx.net/themen/nachrichten/panorama/06b4tv6-behoerden-taeuschen-buerger#.channel3_0.Beh%C3%B6rden%20t%C3%A4uschen%20B%C3%BCrger.326.2210 (Behörden täuschen Bürger) ドイツ新聞,動画. 日本政府と福島県当局(福島県庁)は日本国民を欺き福島第1原発事故による健康への影響を隠蔽しようとしている. 福島第1原発事故の影響で日本国民の健康に深刻な影響が出ている事がドイツ新聞FOKUSが明らかにした. 日本政府は福島第1原発事故で起こる健康影響の調査を常に妨げて,福島第1原発事故の真実を隠し、隠蔽しょうとした. IPPNWのドイツ支部のALEXROSEN博士は,福島第1原発事故で環境が放射腺により汚染され,空気や水も汚染され、汚染された食物で多くの日本国民が被曝しているが、国際原子力機関IAEAや,日本政府や福島県当局は,日本国民を安心させる為,福島第1原発は心配はない,健康に影響がないと報告していると批判した. ドイツの環境ジヤ-ナリスト,ALEXANDER,NEWREUTERさんは日本のジヤ-ナリストから福島第1原発事故の多くの問題や危険な状態である情報を貰ったが、日本のジヤ-ナリスト達は日本政府からの圧力が、かかるのを恐れ、全ての事実を日本国民に、報道できない状態であるとNEWREUTERさんは述べた。 日本からIPPNWドイツ支部の国際会議に参加したおしどりマコさんは,日本は民主主義で,マスコミは自由に真実を報道していると思う人達がいるが,とんでもない状態であり,私が婦人公論に,原発の記事を掲載して貰おうと思ったが,圧力がかかり,掲載されなかったが,原発エネルギ-が日本で必要だと言う記事は公式に3回も掲載されたと話した. 医療専門家達は福島第1原発事故の放射腺による影響で出る乳児の死亡率や子供達の白血病の調査を日本政府に要求している。 しかし,日本政府は日本の経済界からの圧力があり、早急に原発の再稼動を行おうとしている。 (EMI、KIYOMIZU訳)

2014年3月10日月曜日

ドイツARDテレビ。福島第1原発の危険な状態は、今も継続している。 福島第1原発事故の影響を受けた人々の生活がどのように変化し、福島第1原発事故により彼らが受けた悲惨な状況を 福島の被災者達がどのように感じているかこの フイルムは現している。日本政府は、早く他の原発の再稼動を望んでいるので、福島第1原発について悪い報道を流さないようにしている。日本政府の報道方法は酷い状態だとLAUさんは話した。福島の子供達は放射線の線量計を首に下げさせられ、福島医大が健康検査のテ゛-タを集め、モルモットにされているとLAUさんは話した 福島の人たちは、福島第1原発事故の真実の情報も知らされず、日本政府は棄民しようとしており、世界の人達からも忘れられようとしている。 http://www.ardmediathek.de/br-fernsehen/capriccio/fukushima-die-katastrophe-dauert-an?documentId=20042346 (Fukushima: Die Katastrophe dauert an) ドイツARDテレビ。福島第1原発の危険な状態は、今も継続している。 ドイツARDテレビドキュメンタリーフイルムは、2011年3月11日に恐ろしい福島第1原発事故が起こり、福島県の住民達に何が起こり、 福島第1原発事故の影響を受けた人々の生活がどのように変化し、福島第1原発事故により彼らが受けた悲惨な状況を 福島の被災者達がどのように感じているかこの フイルムは現している。 松村直人さんは、福島第1原発事故が起きた時、親戚の叔母の家に避難しようと思い叔母の家に行ったが、叔母の家には、子供がいるので、お前は相当被曝しているからと言われ、避難も受け入れてくれなかったと話した。 叔母から、緊急避難場所を教えて貰い、そこにも行ったが、受け入れてくれなかったと松村さんは話した。 松村直人さんは避難地域の死の町で、ただ1人で戻り、避難した人達に放置された動物達に餌を与えて毎日生きている。 今、すぐに死ぬ事はないだろうが、5,6年後に癌や、白血病で私は死ぬと思う、諦めた、割り切ったと松村さんは話した。 福島第1原発の周辺の避難地域は死の町になったのである。 2011年3月11日に、地震、津波が起こり、福島第1原発の複数の原子炉がメルトタ゛ウンを起こし、数十万人の人達が避難させられたのである。 ドイツARDテレビのPATLICK、LAUさんは、2012年と2013年に福島県を訪れ、福島第1原発の周辺の避難地域を撮影したが、家だけあるが人間が誰一人もいなく、今まで見た事もない、恐ろしい死の町の状態だと話した。 福島第1原発の周辺の避難地域は、ドイツの放射線安全基準値の10倍から100倍の高い放射線量で汚染されているので、人間が指で触れる事もできない状態だとLAUさんは話した。 日本政府は、早く他の原発の再稼動を望んでいるので、 福島第1原発について悪い報道を流さないようにしている。 日本政府の報道方法は酷い状態だとLAUさんは話した。 福島のテレビ局の男性は、いくら泣いても、誰も我々を、助けてくれないと話した。 東電は、100トンの放射線汚染水を流出し、常に福島第1原発では問題が起きており、日本政府も東電も、どうする事もできない状態が続いている。 福島第1原発の状態は、全く危険な状態が、現在も続いているのである。 福島のテレビ局の男性は、福島原発事故の影響が、体に出てくるのは、5年か10年かかるだろうと話した。 福島の子供達は放射線の線量計を首に下げさせられ、福島医大が健康検査のテ゛-タを集め、モルモットにされているとLAUさんは話した。子供達が犠牲になっている悲惨な状態である。 日本政府は、福島の子供達の甲状腺のスクリ-ニンク゛や定期的な健康検査を行う必要がある。 福島県では、除染の為に、屋根の洗浄や土壌を削る除染作業が行われているが、これらの放射線土壌は、一体どこに運ぶ事ができるのか、どこにも場所がない状態であり方法策も無い状態である。 福島の人たちは、福島第1原発事故の真実の情報も知らされず、日本政府は棄民しようとしており、世界の人達からも忘れられようとしている。 政府と福島県庁は、避難した30万人の人達を、高い放射線で汚染された地域に戻そうとしているが、 健康の影響がいつ出るか、誰も分からない状態である。 福島第1原発事故が起こり3年間で、福島第1原発の周辺の町は死の町になったのである。 福島第1原発は、現在も危険な状態が継続しているのである。 (EMI.KIYOMIZU訳)

2014年3月8日土曜日

IPPNWドイツ支部が原子力災害(原発事故)の影響で人間と環境が破壊される、国際会議を開催した 福島の原発事故で衝撃的なのは,チェルノブイリ原発事故から何も学ばなかったという事だと、スイスからの参加者は述べた。 ひとりの母親が、自分の子供達が放射線による被曝を受け、非常に心配である。 自分の子供達や次の世代の子供達の将来が非常に心配だ、 福島県庁は真剣に子供たちの健康影響を受け止めてくれず、社会的に抹殺しようとしていると話した事は、私達に強い印象を与えた。 最終的に、私達は将来の世代の為に、恐怖である原発(核)のない世界を実現させる為に、私達は各国の市民達に原発の悪の影響を説明し、政治家にも説明し理解させ、政治家が原発脱原発をする為に、政治政策を変える迄、困難な道を戦かっていかなければならないのである。 "Internationale Tagung zu den Folgen von Atomkatastrophen für Mensch und Umwelt" http://www.ippnw.de/startseite/artikel/5e0cea7bfa/internationale-tagung-zu-den-folgen.html IPPNWドイツ支部が、原子力災害の影響 で人間と環境を破壊する国際会議を開催した. 原発の影響を受けた被災者から意見を聞いた. 福島の原発事故から3年過ぎ,チェルノブイリの原発事故から28年過ぎた。 被災地の人々は今でも放射能汚染の影響で生きていかなければならない状態である。 国際会議でヘッセン洲ナッソー州の福音教会とIPPNWの約100人の医師達が、原子力災害の影響に関して,日本、ベラルーシ、ドイツ、アメリカ、フランス、スイス、英国からの科学者達やジャーナリスト達と人間と環境を破壊する原発について意見の交換をした。 福島の原発事故で衝撃的なのは,チェルノブイリ原発事故から何も学ばなかったという事だと、スイスからの参加者は述べた。 放射線の危険性について、低放射線量でも疾病になるリスクが増大する事が示されており、科学的に明確に証明されている。 この放射線量以下なら安全といえる安全基準値はない. 安全基準値は政治的に決定され,どの位の放射線量が社会にとって受け入れられるかにより基準値は決められているとIPPNW Dörte Siedentopf博士は述べた. 政治家達は、放射線リスクを科学的に評価し,国民の生命を守る為に、脱原発のために政治行動をする意欲も欠けている. 各国の政治政策においても原子力産業の影響は大きく受けており, 日本だけでなく、国際的にも原子力産業の影響を,大きく受けているとSiedentopf博士は述べた. 日本の医師達は福島の小児の甲状腺癌の恐ろしい増加についても国際会議で報告してくれた. 日本から参加した科学者は、甲状腺検査も十分に行われていない状態である。 日本政府は、放射線による、他の疾病の調査も防げていると話した。 東京電力は福島第1原発事故に関連する全ての健康情報を一般に公開しなければならない。 無力なひとりの母親が、自分の子供達が放射線による被曝を受け、非常に心配である。 自分の子供達や次の世代の子供達の将来が非常に心配だ、 福島県庁は真剣に子供たちの健康影響を受け止めてくれず、社会的に抹殺しようとしていると話した事は、私達に強い印象を与えた。 又。日本政府も福島県庁も、福島県の食品は安全だと奨励しし、学校の昼食で地元の食物を子供達に食べさしていると話した。 また、福島第1原発事故の収束の為に働く労働者達の健康管理は非常に悪く、 労働者の約15 %が直接に東京電力が雇用しているが、 他の労働者達は東電の下請け業者に雇用され働いており、日雇い労働者がほとんどである。 労働者達の為に、定期的な健康検査や健康管理等は行われていない状態であると日本から来た反原発活動家は述べた。 Arnoldshainの町にあるMartin-Niemöller-Hausで専門家達は、4日間、彼らのさまざまな経験を話して、意見交換をした。 Hessen と Nassau 州の福音教会のWolfgang Buff氏(平和教育委員会の委員長)は、私たちは、原子力災害の被害者達の真実の声を聞き、原発を廃止する為に、多くの市民達に対話を促進していかなければならないと述べた。 原子力の民間利用と軍事利用は最初から密接な関係があり、 人間と環境が受ける原発の影響について、原発推進派達は事実を知らせず、隠蔽していたとWolfgang Buffさんは批判した。 我々は私達の子供を守る事を望み、全ての子供たちが健康で幸せである事を願っている。 私たちの子供たちの未来について私達は不安を持ち悩みを持っている、人間として同じように心配する感情を持たなければならない事をすべての国の国民が理解しなければならないと、ベラルーシからIPPNWの国際会議に参加した人が話した事に強い印象を受けた。 参加者達は、原発反対の国際会議がドイツだけでなく、ベラルーシや日本でも勇気を持って原発反対の原発国際会議が行なわなければならない事に合意したのである。 最終的に、私達は将来の世代の為に、恐怖である原発(核)のない世界を実現させる為に、私達は各国の市民達に原発の悪の影響を説明し、政治家にも説明し理解させ、政治家が原発脱原発をする為に、政治政策を変える迄、困難な道を戦かっていかなければならないのである。 人間と環境に影響を与える原子力災害の影響に関する国際会議の情報は、以下のサイトをご覧ください。 www.tschernobylkongress.de (EMIKIYOMIZU訳)

2014年3月7日金曜日

ドイツ新聞。福島第1原発事故の影響で起こる癌のリスクに恐怖を感じる。 IPPNWドイツ支部は、福島第1原発事故で放射線による健康への影響を隠蔽したと、日本政府を批判した 日本政府と福島当局(福島県庁)は福島第1原発事故の健康への影響を体系的に軽視して過小評価している、必要な調査もしないで、明らかに癌の死亡率を操作していると月曜日にベルリンでドイツのIPPNWドイツ支部の専門家 Angelika Claußen博士は述べている。 "Beängstigendes“ Krebsrisiko" http://www.fr-online.de/japans-katastrophe/fukushima--beaengstigendes--krebsrisiko,8118568,26458974.html ドイツ新聞。福島第1原発事故の影響で起こる癌のリスクの増加に恐怖を感じる。 IPPNWドイツ支部は、福島第1原発事故で放射線による健康への影響を隠蔽したと、日本政府を批判した。 壊滅的な福島第1原発事故3年後、IPPNWドイツ支部は、日本政府と東京電力に対して深刻な疑惑を持っていると批判をした。 日本政府と福島当局(福島県庁)は福島第1原発事故の健康への影響を体系的に軽視して過小評価している、必要な調査もしないで、明らかに癌の死亡率を操作していると月曜日にベルリンでドイツのIPPNWドイツ支部の専門家 Angelika Claußen博士は述べている。 IPPNWの組織は、核兵器や原発のない世界の為に戦い、評価されノーベル平和賞を受賞している。 福島第1原発は2011年3月11日の津波後、複数の原子炉がメルトダウン(核燃料の溶解)を起こした。 その為、福島第1原発の周辺の広大な地域が放射線で汚染され、福島の住民達は 避難しなければならなかったのである。 東京電力は福島第1原発の状態を現在もまだ、コントロ-ルできない状態である。 クラウセン博士は、福島第1原発を収支する為に働く東京電力に雇用された労働者はわずか15%で 残りの労働者は下請け業者からの労働者だと述べている。 彼らは悪い労働条件で働かされており、 労働者の為に、規則的な健康診断も行われなく、彼らが病気になった場合、解雇される状態である。 多くの場合、長期間失業した日雇い労働者であると述べている。 労働者の疾病に関する公式な統計は東電に雇用された労働者だけであると述べている。 クラウセン博士は医師として福島における小児の甲状腺癌の増加数が恐怖に思うと報告した。 通常10万人の子供に0.35人の甲状腺癌が発生するが、 福島の汚染された地域では、10万人の子供に対して13人の子供が既に甲状腺癌が発生している。 福島第1原発事故後に、ヨウ素錠剤が全く配布されていないので、さらに子供の甲状腺癌が増加すると予想されるとクラウセン博士は述べた。 甲状腺のスクリーニング検査は許可されているが、白血病の調査や、乳児死亡率の増加や、他の放射線疾病に対しての調査などが政府によって、拘束されている。 医師達は巨大な圧力をかけられ、健康保険会社は、被災者の治療費の支払いを拒否し、多くの患者を送らないよう脅かしているとクラウセン博士は述べた。 日本のジャーナリストおしどりマコさんは、 日本政府と東京電力は福島第1原発事故の影響を報告するメディアに対して巨大な圧力をかけ、 日本国民に、 福島第1原発事故について、自由な報道をする事はこれから保証されないと我々(IPPNWドイツ支部)に話した。 (EMIKIYOMIZU訳)

2014年3月6日木曜日

IPPNWドイツ支部.福島第1原発事故とチェルノブイリ原発事故についての国際会議がドイツで開催され,福島第1原発事故とチェルノブイリの原発事故は,政府が原発事故の事実を隠蔽して原発事故の影響を軽視しょうとした。 福島とチェルノブイリの原発事故は人間社会と、自然界に深刻な影響を与えた。 (Vertuschung und Verharmlosung) http://www.ippnw.de/startseite/artikel/f5009083f5/vertuschung-und-verharmlosung.html IPPNWドイツ支部.福島第1原発事故とチェルノブイリ原発事故についての国際会議がドイツで開催され,福島第1原発事故とチェルノブイリの原発事故は,政府が原発事故の事実を隠蔽して原発事故の影響を軽視しょうとした。 福島とチェルノブイリの原発事故は人間社会と、自然界に深刻な影響を与えたが、 原発事故による健康影響について、多数の人達の意見が異なっている。 国際原子力機関(IAEA )や世界保健機関(WHO )や国連科学委員会( UNSCEAR )等は 原発事故による影響を受けた被災者達は,健康への影響や危険はないと主張している. これとは対照的に、独立した医師達や他の独立した科学者達が研究を行い、原発事故による放射線で、深刻な健康問題が起こる原因となると結論を出している. 原発事故の放射線による影響で,自然と人間が受ける影響について,国際会議が2014年,4月4日から4月7日迄,日本、ベラルーシ、ドイツ、米国、フランス、イギリスで行われる。日本から医師、科学者、ジャーナリスト達が参加して議論を行い、会議はIPPNWドイツ支部とドイツヘッセン州ナッソー福音教会が主催して行われる. 私たちは心からIPPNWドイツ支部の福島第1原発事故とチェルノブイリ原発事故についての健康影響についての国際会議の報告の記者会見に招待いたします。 おしどりマコさんは日本フリープレス協会のジャーナリストで. 彼女は医学を研究し、福島第1の核溶解の状態など報告しており,最も著名な福島第1原発事故の報告者の一人で,、2011年に福島での原発事故以来、東京電力の職員は記者会見でおしどりマコさんが質問をすることを恐れている。 Timothy Mousseau, 博士は、米国サウスカロライナ大学の生物学者で,福島とチェルノブイリの原発事故の影響を受けた動物や植物の研究を行っている. アンジェリカクラウセン博士はIPPNWドイツ支部の会長で放射線による健康への影響や危険性に関して研究している専門家である。彼女は、福島第1原発事故後から日本の福島県を数回訪問し、医師達や被災者達と常時連絡を取り合っている。 (EMI.KIYOMIZU訳)

2014年3月5日水曜日

ドイツ新聞。ドイチュベレ。IPPNWドイツ支部の報道。"福島第1原発事故の影響が隠蔽されている。" 福島原発事故の記念日に対して IPPNWは、世界や日本の人達が福島第1原発事故を、思い出す為に福島原発事故はまだコントロ-ルされていないと警告した。 日本政府は福島第1原発事故の事実を隠し、軽視し隠蔽したと鋭い言葉でIPPNWドイツ支部は、日本政府を批判した。 "IPPNW: Fukushima-Folgen werden vertuscht" (Es braucht schon einen Jahrestag, um die nukleare Katastrophe von Fukushima wieder ins öffentliche Bewusstsein zu rücken. Die Ärzteorganisation IPPNW tut genau dies und warnt: "Der Unfall ist noch nicht unter Kontrolle".) http://www.dw.de/ippnw-fukushima-folgen-werden-vertuscht/a-17470104?maca=de-rss-de-all-1119-rdf ドイツ新聞。ドイチュベレ。IPPNWドイツ支部の報道。"福島第1原発事故の影響が隠蔽されている。" 福島原発事故の記念日に対して IPPNWは、世界や日本の人達が福島第1原発事故を、思い出す為に福島原発事故はまだコントロ-ルされていないと警告した。 日本政府は福島第1原発事故の事実を隠し、軽視し隠蔽したと鋭い言葉でIPPNWドイツ支部は、日本政府を批判した。 福島第1原発事故から3年経つが日本政府は、放射線による疾病調査も行うとしないと、ベルリンのIPPNWドイツ支部アンジェリカクラウセン博士は述べた。 福島県庁は福島第1原発事故による放射線の健康影響があるのに説明もしなく、深い関心もなく疑惑を持つと批判している。 医師達は、日本政府のアドバイザーや健康保険会社と原発業界から圧力を受けており、 医師達が福島第1原発事故による健康への影響を調査する場合、彼らは(日本政府のアドバイザーや健康保険会社と原発業界)が福島の住民達の特別の血液検査をすることを防げたとアンジェリカクラウセン博士は報告した。 IPPNW は、多数の国の医療専門家達との会議で、核兵器の廃絶を要請しており、 1985年にIPPNW は、ノーベル平和賞を受賞した。 IPPNWはチェルノブイリ原発事故後、放射線の影響で、乳児死亡率や乳児の白血病の増加を恐れ、放射線による健康影響の調査をし統計を取ったが、日本政府はこのような乳児死亡率や乳児の白血病の増加や変化を調査する事もしないし、統計を取る事もしていないと批判した。 福島県で、甲状腺癌の症例数が増加しており、 早急に癌のスクリ-ニング検査を実施しなければならないとクラウセン博士は述べている。 日本のジャーナリストおしどりマコさんがベルリンで、福島第1原発事故はまだコントロ-ルされていないと日本政府を批判した。 毎日、新しい放射線漏れを発見されているが、 福島当局は、同時に放射線の健康影響を隠蔽しようとしている。 放射能の健康影響を隠蔽する為に、学校や教育機関等は福島の食品の安全性を実証する為、福島県の地域の食品を使用する事をしたのである。 日本のジャーナリストは、日本政府の監視下にある為、2012年末に、特定秘密保護法案が可決されて、原発事故に関係した報道は、日本の国家機密として扱われ、原発事故の報道は日本国民に対して、将来報道されないとおしどりマコさんは話した。 多数の被災者達が東電や政府を訴えない状態である。 日本の首都東京で週末に、数百人の日本国民が福島第1原発事故に対して誰も法的に責任を持とうとしないと抗議デモをした。多数の犠牲者達が、東電に対し裁判で訴えようとしない とデモの主催者武藤るい子さんは述べた。 2012年に被災者達15.000人は、東京電力に対して訴訟をしたが、 2013年9月東京地検は、福島原発事故の責任について、日本政府と東京電力に対して、刑事告発を不起訴としたのである。 現在も裁判は、係争中である。 2011年3月11日、地震と津波により福島第1原発はひどく損傷し、 冷却システムが故障し、複数の原子炉の核燃料が溶解し、 福島第1原発の周辺は危険区域になり、約16万人の人達が福島の被災地から避難したのである。 (EMIKIYOMIZU訳)
ドイツ新聞。ドイチュベレ。IPPNWドイツ支部の報道。"福島第1原発事故の影響が隠蔽されている。" 福島原発事故の記念日に対して IPPNWは、世界や日本の人達が福島第1原発事故を、思い出す為に福島原発事故はまだコントロ-ルされていないと警告した。 日本政府は福島第1原発事故の事実を隠し、軽視し隠蔽したと鋭い言葉でIPPNWドイツ支部は、日本政府を批判した。 "IPPNW: Fukushima-Folgen werden vertuscht" (Es braucht schon einen Jahrestag, um die nukleare Katastrophe von Fukushima wieder ins öffentliche Bewusstsein zu rücken. Die Ärzteorganisation IPPNW tut genau dies und warnt: "Der Unfall ist noch nicht unter Kontrolle".) http://www.dw.de/ippnw-fukushima-folgen-werden-vertuscht/a-17470104?maca=de-rss-de-all-1119-rdf ドイツ新聞。ドイチュベレ。IPPNWドイツ支部の報道。"福島第1原発事故の影響が隠蔽されている。" 福島原発事故の記念日に対して IPPNWは、世界や日本の人達が福島第1原発事故を、思い出す為に福島原発事故はまだコントロ-ルされていないと警告した。 日本政府は福島第1原発事故の事実を隠し、軽視し隠蔽したと鋭い言葉でIPPNWドイツ支部は、日本政府を批判した。 福島第1原発事故から3年経つが日本政府は、放射線による疾病調査も行うとしないと、ベルリンのIPPNWドイツ支部アンジェリカクラウセン博士は述べた。 福島当局は福島第1原発事故による放射線の健康影響があるのに説明もしなく、深い関心もなく疑惑を持つと批判している。 医師達は、日本政府のアドバイザーや健康保険会社と原発業界から圧力を受けており、 医師達が福島第1原発事故による健康への影響を調査する場合、彼らは(日本政府のアドバイザーや健康保険会社と原発業界)が福島の住民達の特別の血液検査をすることを防げたとアンジェリカクラウセン博士は報告した。 IPPNW は、多数の国の医療専門家達との会議で、核兵器の廃絶を要請しており、 1985年にIPPNW は、ノーベル平和賞を受賞した。 IPPNWはチェルノブイリ原発事故後、放射線の影響で、乳児死亡率や乳児の白血病の増加を恐れ、放射線による健康影響の調査をし統計を取ったが、日本政府はこのような乳児死亡率や乳児の白血病の増加や変化を調査する事もしないし、統計を取る事もしていないと批判した。 福島県で、甲状腺癌の症例数が増加しており、 早急に癌のスクリ-ニング検査を実施しなければならないとクラウセン博士は述べている。 日本のジャーナリストおしどりマコさんがベルリンで、福島第1原発事故はまだコントロ-ルされていないと日本政府を批判した。 毎日、新しい放射線漏れを発見されているが、 福島当局は、同時に放射線の健康影響を隠蔽しようとしている。 放射能の健康影響を隠蔽する為に、学校や教育機関等は福島の食品の安全性を実証する為、福島県の地域の食品を使用する事を要請したのである。 日本のジャーナリストは、日本政府の監視下にある為、2012年末に、特定秘密保護法案が可決されて、原発事故に関係した報道は、日本の国家機密として扱われ、原発事故の報道は日本国民に対して、将来報道されないとおしどりマコさんは話した。 多数の被災者達が東電や政府を訴えない状態である。 日本の首都東京で週末に、数百人の日本国民が福島第1原発事故に対して誰も法的に責任を持とうとしないと抗議デモをした。多数の犠牲者達が、東電に対し裁判で訴えようとしない とデモの主催者武藤るい子さんは述べた。 2012年に被災者達15.000人は、東京電力に対して訴訟をしたが、 2013年9月東京地検は、福島原発事故の責任について、日本政府と東京電力に対して、刑事告発を不起訴としたのである。 現在も裁判は、係争中である。 2011年3月11日、地震と津波により福島第1原発はひどく損傷し、 冷却システムが故障し、複数の原子炉の核燃料が溶解し、 福島第1原発の周辺は危険区域になり、約16万人の人達が福島の被災地から避難したのである。 (EMIKIYOMIZU訳)

2014年3月1日土曜日

2014年2月27日木曜日

ドイツテレビZDF"福島の嘘。東電と日本政府は脅かしトリックを使い騙し続けた。" 福島第1原発の状態はコントロ-ルできていない! http://www.zdf.de/ZDFmediathek/hauptnavigation/sendung-verpasst#/beitrag/video/2097900/ZDFzoom:-T%C3%A4uschen,-tricksen,-drohen 福島第1原発事故から3年が過ぎたが、今も非常事態である。 本当にコントロ-ルができているのか我々ドイツテレビZDFは調査したいと思う。 オリンピックの為に、福島第1原発はコントロ-ルできていると安倍首相は世界に公言した。 京都大学原子炉実験所原子力物 理学者小出裕章氏が、福島の状況は全く違う状態であり、制御ができていない状態であると説明してくれた。 福島の周辺は放射線により湿地状態となっており、福島第1原発の周辺にある井戸から高度の放射性物質が検出され、これらの高度の放射性物質の一部が海に流 出している状態である。 小出氏は福島第1原発から、放射線は毎日増大し流出して。広範囲の地域に放射線が拡大している。 福島第1原発は広島原爆の185倍の核燃料がある。1号基から3号基の溶解した核燃料はどこにあるか誰も分からない状態であると話した。 汚染水を保管するタンクも東電は費用を節減し、放射線汚染水を保管する為のタンクとして、質の低いタンクを作ったと話した。チエルノフ゛イル原発事故よりも悪い状態で、今も進行が続いている状態だと話した。 原発ロビーの陰謀を話してくれた日本の元首相菅直人氏は日本政府は私を追放し、原発を新しく建設する為に日本政府は原発エネルギーに逆戻りしょうとしていると話した 福島第1原発の周辺は永遠に誰も住めない危険な状態になっている。 双葉町は誰も生きられない危険地域である。 福島県双葉町の井戸川町長は、福島第1原発が爆発した時我々住民は全員死ぬと思った。 東電は自分達の事しか考えていない、この事は世界の人たちに知って貰いたい。 政府や東電も、誰も責任を持とうとしないし、非人間的であり、政治家は原発推進派の言いなりなっていると怒りで話した。 井戸川町長は放射線被曝の影響で喉の痛み、鼻血や下痢,胃の痛みがあり、この様な健康状態が現れるのは結果として数十万ベクレルの放射線量が降下したと思われるとHANO記者は述べた。 東京でオリンヒ゜ックが開催される事になり、日本のメテ゛ィアは福島の真実の状態を国民に知らせる事が出来ない状態にさせられている状態である。 京大の山敷教授は、雨や雪で大量の放射線が阿武隈川に流れ、海に流れ、又、福島第1原発の汚染水も阿武隈川に流れ海に流れていると話した。福島第1原発から80kmの 海水や海底の土壌の放射線検査をしたら、今までに10テラベクレルの放射線量が海に流出したと思われる。 数十年にわたり、魚に放射線の影響が出ることになる。 福島第1原発事故前は、規定量は100ベクレル/kgったが、 政府は8000ベクレル/kgに変更し、8000ベクレル/kg以下なら安全だと国民は思っているが大きな問題であると話した。国民がこれらのことを心配しないと政府は何も行動しないと話した。 (セシウム134とセシウム137の濃度の合計が100ベクレル/kgを越えると、低レベル放射性廃棄物として管理しなくてはいけない) 山敷教授は海の放射線汚染について誰も考え様としないし、無視をしていると話した。 HANO記者は、農家を訪れ350頭の牛が放射線で被曝して売る事もできず収入もない状態である事実を見た。 農夫は350頭の牛が放射線で汚染された草(4,49ベクレル)を食べるので白い斑点が体中にできた。 これは今迄40年も見たことがなく、皮膚病でなく、放射線の影響であると話した。福島当局や科学者は、2回訪問しただけで牛を殺せと言い、放射線の影響である証拠を残さない為に隠滅しようとしていると話した。 私は絶対に牛を殺さないと話した。 日本政府は、除染を行い、福島の住民達を戻そうとしている。 日本のマフィア、ヤクザ達が無職者や住居もない日本の低下層の人たちを福島の除染作業や福島第1原発の収束作業につれて来られ、危険な仕事をさせられている。 原発労働者達は4千円から7千の日当が支払われ、10%はヤクザに支払らわなければならない。 原発労働者達が病気になったり、癌になって死亡しても誰も分からない状態であり、放射線による因果関係を示す証拠も残さない状態になっているのである。 日本の末端の人達が犠牲になっており、この人達の生命を守ることより、全て金の為に利用されているのである。 ある原発労働者は、東電の批判をしたり、顔を見せたりすると、ヤクザにリンチされると話した。 日本の科学者達は、東電から抑圧され、皆沈黙し、福島第1原発の状態を黙認している状態である。 東京オリンヒック開催が発表された後、日本の科学者達は福島に関係した研究報告が出来ない状態になっている。事実、福島第1原発はコントロ-ルなど出来ていないのである。 内閣総理大臣補佐官馬淵 澄夫は東京電力は、高い費用が必要な為、防災のための必要な措置を妨げてきたと報告した。これは東京電力の内部文書から明らかにされた。 新潟県知事泉田裕彦氏は、東電は福島第1原発の真実も言わないしモラルもない。 私にコントロ-ルできていると言うが責任も持たないと話してくれた。 原発事故が起きれば日本の国民達が膨大な影響を受けるが、銀行は損失がない限り原発企業に融資を行なうと話した。 原発推進派達は嘘と隠蔽を続けてきた、非人間的だと話した。 原発に対して新しい安全政策を作り、これから原発の再稼動を行い、原発を推進させていくつもりだと我々に話した。 山下教授はニコニコ笑って暮らせば放射線の影響はないと国民に話した御用学者で、このような人物を日本政府は福島県立医科大学副学長にしたのである。 井戸川町長は原発を再稼動させようとする人達や安倍首相は、福島を訪ねる事もなく、見る事もなく、人間として、恥ずかしく、国民に対して、無責任だと怒りで話した。 政府や東電、原発推進派達は日本の原発は安全であるという話しを作り、国民を信じさせようとしたのである。 原発事故を起こしても安全だと嘘を言う人達は、我々(ト゛イツテレビZDF)のインタヒ゛ュウにも面会しようとしなかったのである。 強力な日本の原発推進派原子力村は、福島第1の原発事故の事実を隠す為に、脅かしトリックを使い、騙し続け何をしても構わないと思っているようだ。 (EMIKIYOMIZU訳)